「走図展」開催

記事番号:03878
年月:1988年12月

伝統的な絵画形式の絵巻を「走図」と名づけ、池田竜雄、梅田英樹、中村宏の3人による絵巻の新たな表現への挑戦を企画した「走図展」が、1日から27日まで京橋のINAXギャラリーで開催された。池田はBRAHMANをテーマに時間の流れを、梅田は現世から地獄までのストーリーを、中村は列車と飛行機の窓外の流れ飛ぶ風景のスピードを、それぞれ絵巻に表現した。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top