ボストン美術館東洋館オープン

記事番号:03482
年月:1982年11月

アメリカ有数の総合美術館であるボストン美術館は、フェノロサ、岡倉天心による収集に始まる充実した東洋美術コレクションを持つ。1876年の開館後100年を経過した同館では4年数カ月をかけて東洋館を改築してきたが、この3日新館がオープンした。記念展は「重要無形文化財保持者(人間国宝)米国展」で、物故者を含む人間国宝全個人、全団体の代表作160点を集めて日本の伝統工芸を紹介しようとするもの。国内に於ても全員の作品が揃った前例はなく、世界的にも注目された。また、改築を機に正力基金も設立され、今後の日米文化交流発展のための明るい材料となった。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top