金閣寺鏡湖池の原形判明 

記事番号:03320
年月:1980年06月

鹿苑寺金閣の立つ鏡湖池が、江戸時代中期頃までは現在の池の南側にも広がっていたことが、明らかとなった。これまでも南側の不自然な堤防が疑問視されてきたが、古絵図との比較でわかったもの。

登録日: 2014年04月14日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top