奈良勝林寺の仏像売りに出る

記事番号:02148
年月:1960年02月

奈良県斑鳩町高安の勝林寺では、本堂再建資金の調達と重要文化財の仏像の保持困難を理由に、重要文化財指定の仏像三体を売却する法的手続をとつた。仏像は、木造十一面観音立像、聖観音立像、薬師如来座像の三体で、文化財保護委員会ではこれを許可した。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top