フランス美術展

記事番号:02352
年月:1961年11月

国立西洋美術館・東京国立博物館・朝日新聞社の共催で「フランス美術展」が11月3日より37年1月15日まで東京国立博物館で開催された。これは25年の「フランス美術展」の際の約束に基いて催されたものであり、前回省略された19世紀より現代に至るフランス美術(とくに今回は絵画と彫刻を中心とする)の主な流れを、精選された作品と明快な展示法により示した。その企画の中心となったのはフランス美術展組織委員会委員長B・ドリヴァル氏である。なお開会にあたってはフランスからもギャルド・レプュブリケーヌ交響吹奏楽団が来日し、日仏文化交流に一層の華やかさを加え、名実ともに今年度における最も注目すべき展覧会であった。

登録日: 2014年04月11日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top