芸術院新会員決定

記事番号:05059
年月:2010年11月

日本芸術院(院長:三浦朱門)は29日、芸術活動に顕著な功績があったとして新たに5名を同院新会員に選出したと発表、日本画家の福王寺一彦、洋画の山本文彦、工芸の武腰敏昭、森野泰明、評論・翻訳の粟津則雄が選ばれた。12月15日付で高木義明文部科学相により発令された。

登録日: 2014年09月17日
更新日: 2015年11月20日 (更新履歴)
to page top