読売あをによし賞受賞者決定

記事番号:05178
年月:2013年05月

保存科学・修復の現場で優れた業績をあげた個人・団体を顕彰する読売あをによし賞(主催:読売新聞社、特別協力:文化財保存修復学会)の第7回目の受賞者として、本賞に織田信長にも重用された石工集団「穴太衆」の伝統を受け継ぎ、城郭石垣修理に取り組む粟田純司、奨励賞に文化財の表装の金襴などに使う金銀糸を製作する鳥原雄治、特別賞に文化財の維持に関する助成事業を行なう住友財団(理事長:住友吉左衛門)が決定した。

登録日: 2016年09月05日
更新日: 2016年09月05日 (更新履歴)
to page top