横山操

没年月日:1973/04/01
分野:, (日)
読み:ヨコヤマ, ミサオ*、 Yokoyama, Misao*

 日本画家横山操は、4月1日脳卒中のため東京都調布市の慈恵医大附属病院で死去した。享年53歳。大正9年1月25日新潟県西蒲原郡に生れ、川端画学校日本画科に学んだ。昭和15年第12回青竜展に「渡船場」が初入選したが、この年応召し、終戦までの5年間中国各地を一兵卒として歩いた。戦後さらに5年間のシベリア抑留生活をつづけ、25年復員した。翌年の青竜展で画生活に戻り、「塔」「熔鉱炉」「炎々桜島」などの大作を発表、「炎々桜島」では青竜賞となった。彼の作品の特色であるブラックを強調した線を、画面に縦横に駆使した激烈な作風は、画壇に一時爆発的ブームを引きおこした。しかし、一方ではこのような傾向に対する批判もまたないわけではなかった。斯くて昭和37年には青竜社を脱退し、無所属となった。以後、日本の伝統的水墨画の発展に意欲を示し、「瀟湘八景」「越後十景」等の作品がある。昭和46年発病し、半身不随となったが、左手で制作をした「武蔵野風景」などの作品もある。
年譜
年令
大正9年(1920) 1月25日、新潟県西蒲原郡に生まれる。
昭和12年 17 3月、県立巻中学校卒業。上京。
昭和13年(1938) 18 この年光風会展に「街裏」(油彩)を出品、初入選する。
昭和14年(1939) 19 川端画学校日本画部に入学。
新興美術院に「隅田河岸」を出品。
昭和15年(1940) 20 9月、第12回青龍展に「渡船場」を出品、初入選する。
12月、召集。
中支派遣鏡部隊に所属し、長沙作戦に参加。
昭和20年(1945) 25 この年、終戦と同時にシベリア、カラガンダ、23区第9収容所に抑留され、26番炭坑において石炭採掘に従事する。
昭和25年(1950) 30 1月、帰国復員。一時郷里に帰る。
4月、春の青龍展を見る。
この頃再び上京、不二ネオン会社のデザイン部にてデザインの仕事をし、銀座森永の広告塔などをデザインする。
9月、第22回青龍展にソ連抑留中の印象を追憶してかかれた「カラガンダの印象」を出品。
昭和26年(1951) 31 4月、春の青龍展に「カザフスタンの女」を出品。
この作品も「カラガンダの印象」同様抑留中のカザフスタン共和国、カラガンダ地方の印象をもとにその風俗を描いた。
5月19日、杉田基子と結婚。
この頃、青龍社研究会に入会。
9月、第23回青龍展に「沼沿いの町」を出品。
この年、青龍社社子に推挙される。
昭和27年(1952) 32 3月5日、長女彩子生る。
4月、春の青龍展に「千住風景」を出品。
9月、第24回青龍展に「灯台」を出品。
昭和28年(1953) 33 4月、春の青龍展に「白壁の家」、「横卧」を出品。「白壁の家」は春展賞を受ける。
9月、25周年記念青龍展に「ショーウィンド」、「駅前広場」を出品。「ショーウィンド」は奨励賞を受ける。
昭和29年(1954) 34 3月、春の青龍展に「青春」、「熱海月明」を出品。「青春」は春展賞を受ける。
8月、第26回青龍展に「変電塔」、「舞妓」を出品。「変電塔」は奨励賞を受ける。
社友に推挙される。
大井庚申塚のアパートに移転。
また、不二ネオン会社社長―故瀬川氏の好意により、会社事務所(鶯谷)の2階を借り大作に着手する。
昭和30年(1955) 35 3月、春の青龍展に「十文字」を出品、春展賞を受ける。この作品は、東京電力火力発電所にある通称―お化け煙突―の投影をもとに描かれた。
8月、第27回青龍展に「対話」を出品、奨励賞を受ける。
この年、青龍社新人による小品会―踏青会―に6点出品。また「ブランコ」(スケッチ)を描く。
昭和31年(1956) 36 1月、第1回個展を銀座松坂屋で開き、「網」、「熔鉱炉」、「架線」、「川」、「木」を出品。
2月26日、世田谷区に移転。
3月、春の青龍展に「ビルディング」を出品、春展賞を受ける。
5月、桜島写生のため旅行。
8月、第28回青龍展に、「炎々桜島」を出品、青龍賞を受ける。この賞は社人以外の作品を薦賞する第一賞であり、受賞者は28年間のうち操を含む2名だけである。
この年踏青会に8点出品。また「舞妓」を描く。
昭和32年(1957) 37 1月、朝日新聞社主催第8回選抜秀作美術展に前記「炎々桜島」を出品。
3月、春の青龍展に「時化」「樹」を出品、「時化」は春展賞を受ける。
6月、取材のため、北海道旅行。
7月、毎日新聞社主催、現代美術10年の傑作展(渋谷東横デパート)に前記「川」を出品。
8月、第29回青龍展に「塔」「踏切」を出品。
「塔」は奨励賞を受ける。この作品は、上野谷中天王寺の五重塔焼失時に取材され描かれた。
11月、朝日新聞社主催今日の新人’57展(日本橋白木屋)に前記「樹」「網―部分―」を出品。この年、踏青会に10点出品。また「時化」(未発表)を描く。
昭和33年(1958) 38 1月、第2回個展を銀座松坂屋で開き、「夕張炭鉱」、「昭和新山」、「鉄骨」、「家」、「闇迫る」、「仲仕」、「母子」を出品。
同月、第9回選抜秀作美術展に前記「塔」を出品。
3月、春の青龍展に。四日市港の所見をもとに描かれた「港」を出品。春展賞を受ける。
5月、毎日新聞社主催第3回現代日本美術展に「犬吠」を出品。受賞候補となる。
6月、佐久間ダムへ取材旅行、帰途上高地に立ち寄る。
8月、大阪大丸にて個展を開く。
9月、第30回青龍展に「ダム」を出品。社人に推挙される。
10月、吉祥寺みつぎ画廊で開催の素描展に数点出品。
11月、オーストラリア、ニュージーランド巡回日本現代美術展に前記「塔」を出品。
この年、坦々会(日本橋白木屋)に「大正池」、「網」を出品。野生派第1回展(日本橋三柳堂画廊)に「野の夕」、「灯台」を出品。
昭和34年(1959) 39 1月、青々会(日本橋三越)に「雪峡」を出品。
同月、第10回選抜秀作美術展に「ダム」を出品。
3月、銀座村越画廊主催第1回轟会―横山操加山又造石本正三人展―に「朔原」、「大正池」、「夕映桜島」を出品。
同月、春の青龍展に「網」を出品。
5月、毎日新聞社主催第5回日本国際美術展に「峡」を出品。優秀賞を受ける。
6月、みづゑ賞選抜・新しい水彩15人展(銀座松屋)に「網」を出品。みづゑ準賞を受ける。
9月、第13回青龍展に「岳」を出品。この作品は妙義山へ登った時の印象をもとに描かれた。
同月、双樹洞画廊主催第1回9月会に「岳」を出品。
この年孔雀画廊主催第1回百合会展に「茜」、踏青会に「道」を出品。
昭和35年(1960) 40 1月、第11回選抜秀作美術展に「峡」を出品。3月、春の青龍展に「送電源」を出品。
4月、兼素洞にて小品の個展を開き、「水映」、「朝」、「火の山」、「道」、「流星」、「明ける海」、「波涛」、「茜の道」を出品。
5月、第4回現代日本美術展に「波涛」を出品。
6月、新潟県大和百貨店にて個展を開き、前記「熔鉱炉」、「炎々桜島」、「昭和新山」「夕張炭鉱」、「闇迫る」、「家」、「川」、「灯台」他小品数点を出品。
同月、現代美術の焦点シリーズ第1回展(日本橋白木屋)に大作「富士」を出品。
8月、第33回青龍展に「建設」を出品。この作品は黒部第四ダムに取材し描かれた。
同月、東洋美術館画廊主催第1回地上会展に「舞妓」を出品。
12月、三鷹市に移転。
この時、過去を絶ち新しく出発する事こそ真の芸術家の生き方だと考え、これまでの作品の大半を焼却した。
この年、国立近代美術館主催日本画の新世代展に前記「熔鉱炉」、「塔」、「朔原」、「山湖」を出品。また「潮来の夕」「MADO(窓)」を描くこの頃「暁富士」を描く。
昭和36年(1961) 41 1月、第12回選抜秀作美術展に前記「建設」を出品。
3月、春の青龍展に「船渠」を出品。
同月、第2回轟会に「富士雷鳴」、「早春」、「夕原」、「灯台」、「波涛富士」を出品。
4月29日、取材のため渡米、約40日間滞在、主にカリフォルニアを回る。
5月、第6回日本国際美術展に「黒い工場」を出品。
8月、第33回青龍展に「グランドキャニオン」を出品。
この年、兼素洞にて横山操福王寺法林新作2人展を開き、―アメリカ5題―「ニューヨークシティー」、「コロラド」、「ブルックリン橋」、「ヨセミテの滝」、「マンハッタン」―を出品。
昭和37年(1962) 42 1月、第13回選抜秀作美術展に「波涛富士」を出品。
3月、青龍展に「金門橋」を出品。
同月、第3回轟会に「イーストリヴァーの朝」、「イーストリヴァーの夕」「ウォール街」を出品。
5月、第5回現代日本美術展に「ウォール街」を出品。
夏、青龍社脱退。
社は第34回青龍展に出品予定の超大作「十勝岳」(高さ8尺×横24尺)を縮小するよう要請するが、これを聞き入れず、このことが脱退の直接原因となる。
11月、兼素洞主催第1回荒土会に「荒土耕人」、「叢々富士」、「晴日」を出品。
第3回地上会展「晴るゝ日」出品。
昭和38年(1963) 43 1月、脱退後第1回の個展―生まれ故郷越後の山水を主題にして―
(2・4-12東京画廊「海」「雪原」他数点を出品。)
2月、神戸高島屋にて個展を開き「白梅」、「紅梅」「赤富士」等を出品。
3月、第4回轟会に「紅白梅」、「早春」を出品。
5月、第7回国際美術展に「雪峡」を出品。
6月、屏風絵展(6・14-19松屋)を開き「瀟湘八景」を出品。
この頃青梅に別荘を建てる。
7月、小品展(7・15-20関西画廊)
11月、第2回荒土会に「伊豆富士」、「武蔵野の朝」を出品。
小林一哉堂創立五拾周年記念展「伊豆富士」出品。日比谷公会堂緞帳、リッカービルの壁画を完成。
昭和39年(1964) 44 1月、第15回選抜秀作美術展に前記「海」を出品。
3月、第5回轟会に「湧雲富士」を出品する。
5月、第6回現代日本美術展に「高速四号線」を出品。
同月、ニューフジヤホテルの壁画「赤富士」完成。
9月、アメリカ及びヨーロッパに旅行。イタリア旅行中シエナのホテルにて心臓発作をおこす。病状回復後帰途に着くが、途中フィリピン・マニラに立ち寄る。
11月、第3回荒土会「ヴェニス」、「湖の秋」、「月下富士」出品。
「ウォール街」東京国立近代美術館買上となる。また船原ホテル・ヒルトンホテルの壁画完成。
昭和40年(1965) 45 前年より心臓病のため休養する。
3月、第6回轟会「パリ郊外」、「黎明パリ」出品。
6月、病後早々太陽展(銀座日動画廊)に「ふるさと」出品。
9月、多摩美術大学で日本画科教授として加山又造と共に実技の指導にあたる。
11月、第4回荒土会「イタリアの丘」、「祇王寺の秋」出品。
同月、高燿会展(高島屋)「遠きノートルダム」出品。
小林一哉堂画廊主催横山操加藤東一・麻田鷹三人展「黎明」「凱旋門」「晴るゝ日」出品。
昭和41年(1966) 46 3月、第7回轟会「水の都」、「朱富士」出品。4月10日、川端龍子死去。
龍子の死は横山に「おやじを失ったよう」な悲しみを与えた。
5月、第7回現代日本美術展に「万里長城」出品。
同月青龍社解散。
6月、中国旅行。香港―広州―長沙―武漢―九江―廬山―南昌―上海―北京と回る。北京では10日間滞在し、明の13陵、8達嶺、万里長城等で写生をする。
8月、村越画廊主催中国の旅草描展に「東陵の丘」、「夕凪の泊船」、「長城万里」、「柳映」、「飛燕」、「九江風景」、「河南山水」、「天壇」、「霽れゆく長江」、「江畔の街」を出品。
11月、第5回荒土会「天壇」、「塔のある風景」出品。
同月、日本橋高島屋主催加山又造横山操二人展「茜山水」、「紅白梅図」、「暁富士」、「富嶽」出品。
昭和42年(1967) 47 3月、毎日新聞社主催現代日本画三人展―横山操石本正加山又造―(神戸そごうデパート)前記「瀟湘八景」出品。
10月、名古屋松坂屋にて個展を開き「富士」、「茜」、「残雪富士」等を出品。
昭和43年(1968) 48 4月、銀座彩壺堂主催水墨「越路十景」展を開く。
5月、第8回現代日本美術展「TOKYO」出品。
6月、日本橋高島屋主催第1回球琳会日本画展「遠富士」出品。
6月~9月 日本経済新聞社主催近代日本画名作展(於レニグラード―エルミタージュ・モスクワプーシキン両美術館)「送電源(32回青龍展)」出品。
11月、第6回荒土会「風渡る」、「遠富士」、「冬の山」出品。
同月、春秋会展に「朝霜(水墨)」、「清雪富士」出品。
この年横山操加藤東一麻田鷹司3人展に「奥入瀬の秋」を出品。文化庁主催大正・昭和名作美術展に出品。また、千葉県民会館の緞帳を制作。
昭和44年(1969) 49 11月、轟会10周年記念展(日本橋高島屋)に富士八景(「冬富士」など)を出品。
同月、第7回荒土会「紅葉富士」、「朱富士」を出品。
この年第2回球琳会日本画展に「黎明富士」、彩壺堂主催彩春会に「峠の道」を出品。
昭和45年(1970) 50 6月、第3回球琳会に「むさし野」を出品。
この年青梅の別荘にアトリエを新築。
昭和46年(1971) 51 春、第20回5都展に「暮雪」を出品。
4月、神奈川県立近代美術館主催戦後美術のクロニクル展に「雪原」を出品。
同月29日、脳血栓のため入院。
1週間ほど意識不明が続き、右半身不随となる。
8月、伊豆のリハビリテーションセンターに入院するが、本人の強い希望により11月3日に退院。好きな酒を絶ち自宅にて左手で制作にかかる。
11月、第8回荒土会に「雪富士」を出品。
この年「清雪富士」を描く。
昭和47年(1972) 52 2月、東京国立近代美術館主催戦後日本美術の展開展に「塔」を出品。
11月、第13回轟会に「静かなる風景」、「月」を出品。
この年一哉堂主催芳樹会展「むさし野」出品。
この頃雑誌「新潮」の表紙(48年度)12カ月分を制作したり、明治座や歌舞伎座の公演目録表紙を手がける。
昭和48年(1973) 53 1月、朝日新聞歌俳壇の挿画(水墨)4点を手がける。
2月、第9回荒土会に「茜」、「峡」を出品。
3月26日 作画中再び脳卒中のため昏倒。これが「絶筆」となる。
27日 病状悪化。入院。
4月1日 逝去する
法名 景享院篁風玄彩操志居士。深大寺に葬る。
9月4日-10月7日
追悼特別展「横山操の回顧」

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(251-255頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「横山操」が含まれます。
to page top