岩野勇三

没年月日:1987/08/25
分野:, (彫)

 東京造形大学教授、新制作協会会員の彫刻家岩野勇三は、8月25日午前11時30分、肺ガンのため東京都千代田区の九段坂病院で死去した。享年56。昭和6(1931)年7月9日新潟県高田市に生まれる。同24年新潟県立高田高校在学中に佐藤忠良にデッサンを学び始め、25年同校を卒業して上京。ひき続き佐藤忠良に師事するうち彫刻家を志し31年第19回新制作展に「タケダ君の首」「立つ女」で初入選。35年同会会員となる。37年第1回宇部野外彫刻コンクールに入選。41年東京造形大学教授に就任する。44年第4回昭和会展で林武賞受賞。49、50年、彫刻の森美術館大賞展に指名出品。51年上越市庁舎前広場に『おまんた』を設置。53年横浜市羽衣町広場に『笹と少年』を、55年第一勧業銀行本店に『まつり』を設置する。55年第1回高村光太郎大賞展優秀賞、61年裸婦像「なほ」で第17回中原悌二郎賞を受賞する。一貫して堅実な写実的追求の姿勢を貫き、人物をモティーフとして内面性のにじみ出る作風を示す。初期には「母」「待合室」などの、風俗的主題の着衣像を主に制作し、のち裸婦を多く手がけるようになり「くみ」「あい」「なほ」など少女の面影の残る、若く清新な生命感ある作品を制作した。著書に『彫刻を始める人へ』(アトリエ出版社)、『彫像』(日貿出版社)がある。63年8月東京、現代彫刻センターで「追悼 岩野勇三」展が開かれた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和62・63年版(334-335頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top