加藤重寿

没年月日:1974/05/14
分野:, (日)

 日本画家加藤重寿は、5月14日胃ガンのため京都市桂病院で死去した。享年61歳。大正2年大和郡山に生れ、昭和10年京都市立絵画専門学校を卒業した。同校研究科を卒え、昭和17年第5回文展に「東大寺南大門」が初入選した。この年金島桂華塾衣笠会に入門し、翌18年第6回文展に「醍醐勅使門」を出品、戦後は日展にも出品した。また、個展活動も行っているが、30年夏より病におかされ、手術、入院の生活を繰りかえし、この間の制作は見られなかった。

出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(260頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
to page top