川西英

没年月日:1965/02/20
分野:, (版)

 国画会版画部会員川西英は、明治27年7月9日神戸市に生れた。商業学校を卒業、版画は独修ののち大正12年の創作版画協会第5回展出品から初入選となり、以後版画家としての道を歩むことになった。昭和3年には国画創作協会に版画を初出品し、7年には日本版画協会会員、10年に国画会会員となった。日本版画協会と国画会版画部の展覧会に毎年出品を続けていた。昭和24年兵庫県文化賞をうけ、晩年は「神戸百景」、「兵庫百景」の画集を刊行、関西版画界の主要作家として活動していたが、腹不通症に肺炎を併発2月20日神戸市の自宅で逝去した。享年70才。国画会版画部会友川西祐三郎は二男にあたる。なお没後版画界につくした功績に対し勲五等瑞宝章を授けられた。作品は、花が多く、室内、時に風景を描き独自な様式をみせていた、ことに、全画面を埋める、強く、明るい色彩の多用は華かな飾装的効果をつよめていた。
略年譜
明治27年(1894) 7月9日神戸市に生れる。
大正12年 第5回日本創作版画協会展に初入選。
昭和3年 第7回国画会展「曲馬」初入選。
昭和7年 日本版画協会会員となる。ロスアンゼルス・オリンピック芸術展出品。
昭和8年 「カルメン」(四枚組)。「サーカス」パリー・ルーヴル附属図書館買上。
昭和8年~11年 版画「神戸百景」(小品100枚)。
昭和10年 第10回国画会展「朝顔」「室内静物」「室内洋燈」等6点出品、国画会会員となる。
昭和12年 第12回国画会展「室内の静物」「温室」「新緑」「浴衣」。
昭和13年 第2回文部省美術展「軍艦進水」(無鑑査出品)
昭和14年 第14回国画会展「秋雑木」「栂尾紅葉」他3点。
昭和16年 第15回国画会展「古道具屋」「牡丹」。
昭和17年 第17回国画会展「池畔雪景」「静物」。
昭和24年 11月3日兵庫県文化賞を受く。
昭和26年 第25回国画会展「オーケストラ」「ダリア」サロン・ド・プランタン展「カトレア」。
昭和26~36年 シカゴ、サンパウロ、ルガルノ、パリ、セイロン、チリー、アルゼンチン、ポーランド、サルバドル、モスコー等の国際美術展に出品。
昭和29年 「池」(アメリカ国際版画協会の手で頒布する)。
昭和33年 第32回国画会展「小春日和」「アネモネ」
昭和36年 国画会35周年記念展「ノクターン」マルセーユ及シアトルでの”神戸現代美術”展「みなと」。
昭和37年 2月「神戸百景」画集発行(神戸百景刊行会)。5月神戸新聞社平和賞を受ける。
昭和38年 第37回国画会展「幕間」。日本中国版画交歓展「ネオン」。
昭和39年 第38回国画会展「春の楽譜」。2月「兵庫百景」(神戸新聞社)画集発行。
昭和40年 2月20日逝去、同日従五位、勲五等瑞宝章をうける。
4月、生前自選した56点の版画を収めた「川西自選版画集」(神戸新聞社)発行。

出 典:『日本美術年鑑』昭和41年版(102頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「川西英」が含まれます。
to page top