小村大雲

没年月日:1938/02/20
分野:, (日)

日本画家小村大雲は2月20日郷里島根県簸川郡平田町に帰省中逝去した。享年56歳。
 本名権三郎。明治16年島根県に生る。18歳の時、京都に出で、一時都路華香に師事したが、明治36年山元春挙塾早苗会に転じ、そこで名を成した。大正元年第6回文展出品の「釣日和」が3等賞となり、其後続いて3等賞を3回、特選を2回獲得し、同8年推薦され、その後は2度帝展の委員に就任した。文展、帝展の出品目録は左の通りである。
文展第6回 「釣日和」3等賞
文展第7回 「放ち飼」3等賞
文展第8回 「憩ひ」3等賞
文展第9回 「東へ」3等賞
文展第10回 「画舫」特選
文展第11回 「神風」特選
文展第12回 「古代の民」
帝展第1回 「佐登」推薦
帝展第3回 「美哉蒼窮」
帝展第4回 「剛敵」
帝展第5回 「往時追懐」
帝展第8回 「清風山月」
帝展第9回 「梁風子」
帝展第12回 「黄金の茶室」
帝展第14回 「三蔵渡印」
以上

出 典:『日本美術年鑑』昭和14年版(106-107頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2023年09月13日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「小村大雲」『日本美術年鑑』昭和14年版(106-107頁)
例)「小村大雲 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8466.html(閲覧日 2024-04-25)

以下のデータベースにも「小村大雲」が含まれます。

外部サイトを探す
to page top