工藤繁造

没年月日:1936/03/28
分野:, (彫)

日本美術院々友で、青森県立弘前工業学校の彫刻図画嘱託教師であつた工藤繁造は病気の為37歳で夭折した。農家に生れ自由労働者をしながら彫刻に精進し、前田照雲に約1年間師事した外は独力で勉強し、大正13年院展入選以来「村童」「雪路」「山鳩」「添乳」「俵結ぶ男」「牡鶏」等を殆ど毎年出品、昭和8年院友に推薦された異色ある作家であつた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和12年版(143頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2023年09月13日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「工藤繁造」『日本美術年鑑』昭和12年版(143頁)
例)「工藤繁造 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8438.html(閲覧日 2024-05-21)
to page top