中条精一郎

没年月日:1936/01/30
分野:, (建)
読み:チュウジョウ, セイイチロウ*、 Chujo, Seiichiro*

 建築家中条精一郎は腎臓結石の為1月11日以来慶応病院に入院加療中であつたが、同30日遂に逝去した。享年69。明治元年4月18日米沢に生る。同31年東京帝国大学工科大学建築学科を卒業、同36年渡欧、英国剣橋大学に学び同40年帰朝。翌年工学博士曾禰達蔵と共に曾禰中条建築事務所を創立し、爾来専ら建築設計監督の事に従ひ、今日に及ぶ。大正7年会計検査院技術顧問員を嘱託され、同8年工芸審査委員会委員仰付らる。建築学会並に日本建築士会に関係し、前者に於ては副会長に、後者に於てはその創立者の一人として?々会長に就任し、建築界に寄与せる所多大であつた。又国民美術協会の会頭に前後2回就任し、海外美術の紹介其の他美術界の為に尽力して貢献する所が多かつた。彼の建築作品は「建築雑誌」(第50輯第612号)掲載の目録によると庁舎学校20、銀行会社ビル33、会館14、病院7、工場倉庫12、博覧会建築6等の多数に上るが、極く主なる作品を挙げれば左の通りである。
 慶応大学図書館、同大講堂等、鹿児島県庁舎、海上ビル旧館、同新館、大日本雄弁会講談社、三越新宿支店、日本郵船株式会社、三井銀行大阪支店、同名古屋支店、明治屋ビル、如水会館、華族会館、慶応病院。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和12年版(142頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「中条精一郎」が含まれます。
to page top