佐田勝

没年月日:1993/06/24
分野:, (洋)
読み:サダ, マサル*、 Sada, Masaru*

 日本ガラス絵協会代表の洋画家佐田勝は6月24日午後1時24分、食道ガンのため東京都新宿区の東京医大病院で死去した。享年78。大正3(1914)年10月13日、長崎市に生まれる。幼少時、台湾、熊本、和歌山、北海道、姫路、東京などに住み、東京の攻玉社中学を卒業後、東京美術学校油画科に入学、藤島武二に師事する。昭和14(1939)年3月同校を卒業、同年5月福沢一郎を中心とした美術文化協会結成に参加。戦時中の一時中断をはさんで同21年まで同人として出品するが、同22年からは自由美術家協会に会員として移り、同35年に退会し、美術グループ「同時代」を結成、同50年に解散するまで発表をつづけた。以後は無所属として、社会に関心を向けた独自の作品を描きつづけた。また、同14年から25年まで、芝浦工業専門学校(現在の芝浦工業大学)建築科で講師として、後に助教授として教鞭をとった。同26年には日本ガラス絵協会を創立した。ほかに、『美術用語辞典』(造形社、昭和40年)、『異端の画家たち』(共著、造形社、昭和44年)などの著作がある。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』平成6年版(327-328頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「佐田勝」が含まれます。
to page top