柳瀬俊雄

没年月日:1977/01/19
分野:, (洋)

 洋画家、日展会員で十柯会創立会員の柳瀬俊雄は、1月19日肺がんのため東京港区白金台の東京医科学研究所付属病院で死去した。享年66。明治43年大阪に生まれ、東京の旧制五中卒業後、日本大学へ進んだが中退、文化学院を経て昭和5年本郷絵画研究所で岡田三郎助に師事、春台美術協会会員となり、のち中村研一の指導を受けた。同8年帝展に初入選し、以後官展に出品を続けた。戦後の同21年光風会会員となり、同26年第5回日展に「仰臥」で特選・朝倉賞を受賞、翌27年光風会評議員、同審査員、日展委嘱となった。同36年ヨーロッパに遊学、同39年新日展第7回展に出品した「開幕」で菊華賞を受け日展会員となった。同42年第10回日展では審査員をつとめた。同45年光風会を退会する。改組日展への出品作には、「樹下聴音」(第1回)、「横臥母子」(第4回)、「オダリスク」(第5回)、「対話」(第9回)などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和53年版(254頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
to page top