西岡楢光

没年月日:1975/03/12
分野:, (大工棟梁)

 法隆寺大工棟梁西岡楢光は、3月12日老衰のため、奈良県生駒郡の自宅で死去した。享年90歳。昭和9年から20年間かかりで行われた五重塔、金堂など法隆寺の「昭和の大修理」の大工棟梁を務めるなど宮大工一筋に生きた。昭和30年紫綬褒章、同40年には勲四等瑞宝章を受章、昭和49年3月、後継者の長男常一、二男楢二郎とともに「宮大工一家」として吉川英治賞を受賞した。

出 典:『日本美術年鑑』昭和51年版(293頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「西岡楢光」が含まれます。
to page top