伊藤善

没年月日:1973/12/02
分野:, (洋)
読み:

 春陽会々員の洋画家伊藤善は、12月2日死去した。大正5年1月12日宮城県黒川郡に生れ、東京美術学校に学び、昭和18年帝國美術学校西洋画科を卒業した。終戦まで海軍航空隊に従軍、昭和21年第1回日展に「冬の日」及び第24回春陽会展に出品した。春陽会には以後毎年出品をつづけ、昭和26年準会員、同28年会員となった。そのほか東京大丸、資生堂、兜屋等で屡々個展を開催し、20数回に及ぶ。また昭和38年より40年にかけ北アフリカ諸国及び欧州9ヶ国を歴遊し、主としてイタリアに滞在した。春陽会出品主要作品―「女とパイプ」(26回)「木の葉」「化石」「手をくむ三人」(29回)など。

出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(235頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2021年12月10日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「伊藤善」『日本美術年鑑』昭和49・50年版(235頁)
例)「伊藤善 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/9377.html(閲覧日 2023-01-28)

以下のデータベースにも「伊藤善」が含まれます。
to page top