遠藤教三

没年月日:1970/10/18
分野:, (日)
読み:エンドウ, キョウゾウ*、 Endo, Kyozo*

 日本画家遠藤教三は、10月18日病気療養中のところ死去した。明治30年東京麹町に生れ、大正10年東京美術学校を卒業、同年女子美術専門学校講師となった。昭和19年之を辞めた。作品は、大正10年より昭和5年まで毎年新興大和絵会に発表し、6年以降12年まで帝展に出品した。同13年より16年まで狩野光雅長谷川路可と三人展を開き、17、18年は文展に出品した。戦後は専ら個展により発表した。(昭29年資生堂、同31年日本橋三越、同38年同所)なお、「墨絵入門」「デザインの美」「色の理解」「色彩教養」などの著書がある。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和46年版(107頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「遠藤教三」『日本美術年鑑』昭和46年版(107頁)
例)「遠藤教三 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/9352.html(閲覧日 2021-05-17)

以下のデータベースにも「遠藤教三」が含まれます。
to page top