坂本万七

没年月日:1974/04/19
分野:, (写)
読み:サカモト, マンシチ*、 Sakamoto, Manshichi*

 美術写真を専門とした写真家坂本万七は、4月19日胃ガンのため世田谷区の自宅で死亡した。享年74歳。明治33年1月13日広島県福山市に生れ、私立盈進商業を中退、大正8年武者小路実篤主宰の日向「新しき村」に入った。大正13年築地小劇場の舞台写真を撮り始め、昭和元年には豊島区に桃源社坂本写真場をひらいた。昭和8年より15年にかけ満蒙の古代遺跡を撮影し、また柳宗悦の民芸運動に参加して民芸品を対象に撮影した。
 戦後は、一時美術研究所嘱託としてあり、美術研究調査の資料写真撮影にたずさわった。そのほか美術出版物の写真担当として、その活躍は広範囲にわたる。そして彼の自己を没却して専ら作品自体に語らせようとする制作に対する敬虔な姿勢は、斯道の専門家から高く評価されていた。また、戦前満州、中国、朝鮮などに広く撮影旅行をしているが、戦後は昭和41年ギリシャ、ローマなどを巡廻している。写真を担当した主要出版物つぎの通り。「埴輪美」(野間清六聚楽社)「法隆寺彫刻資料第一輯―法隆寺金堂釋迦三尊像」(岩波書店)。「同第二輯―法隆寺宝蔵金銅像」(同上)「日本の彫刻」(美術出版社)「土の芸術」(美術出版社)。「大徳寺」(朝日新聞社)。「薬師寺」(実業之日本社)。「國宝彫像」(徳間書店)。「日本の工芸」(読売新聞社)。「奈良六大寺大観第三巻法隆寺五重塔塑像」(岩波書店)など。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(263頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)
to page top