木崎好尚

没年月日:1944/06/26
分野:, (学)
読み:キザキ, コウショウ*、 Kizaki, Kosho*

 木崎好尚は6月26日逝去した。享年80。本名愛吉。慶応元年大阪に生れ、明治26年大阪朝日新聞社に入社、22年間在勤し、大正3年退社後は専ら金石学研究を続け「摂河泉金石文」「大阪金石史」を著し、最後の「大日本金石史」は帝国学士院賞を送られた。晩年は頼山陽、田能村竹田の研究に没頭「頼山陽全書」外数著がある。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(92頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「木崎好尚」『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(92頁)
例)「木崎好尚 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8721.html(閲覧日 2021-01-28)

以下のデータベースにも「木崎好尚」が含まれます。
to page top