高木背水

没年月日:1943/05/12
分野:, (洋)

 洋画家高木背水は5月12日肝臓病のため逝去した。享年67。本名は誠一、明治10年佐賀県に生れ、大野塾に入門、後白馬会研究所に入り、明治30年20才の時から同会に出品を続けた。明治37年米国に留学、コロンビア大学美術科を卒業し39年に帰朝、第1回文展に「海辺の松」を出した。明治43年から2年間英国に留学し、英国帝室技芸院展に「英国風景」を出し、帰朝の年文展に「ウヰンザー橋の朝」を出した。また光風会にも出品し、大正2年には文展に「晩秋」、太平洋画会展に「春風桜花図」を出品し宮内省買上となつた。この年より明治大帝御像を描き翌年完成した。大正9年再度渡欧したが、これに止まらずこの後3回に及んでいる。なお朝鮮の美術のために尽力したほか、光風会、白日会、帝展に作品を発表し、その明るい画風は終生変らなかつた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和19・20・21年版(85-86頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
以下のデータベースにも「高木背水」が含まれます。
to page top