高橋英吉

没年月日:1942/11/02
分野:, (彫)
読み:タカハシ, エイキチ*、 Takahashi, Eikichi*

 応召中の文展無鑑査高橋英吉は11月2日南方戦線で戦死した。年32。明治44年石巻市に生れ、昭和11年東京美術学校卒業、同年文展に「少女像」を発表、14年には「潮音」を出して特選となつた。16年東邦彫塑院会員となり、同年秋には文展無鑑査に推され「漁夫の像」を出品した。遺作にガダルカナル島に於て制作したる「不動明王」及び「聖観音」等がある。

「*」の読み、ローマ字表記はWeb NDL Authoritiesを利用
出 典:『日本美術年鑑』昭和18年版(81頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2019年06月06日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「高橋英吉」『日本美術年鑑』昭和18年版(81頁)
例)「高橋英吉 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8566.html(閲覧日 2021-01-20)
to page top