久保田満明

没年月日:1937/02/14
分野:, (日)

日本画家久保田満明は2月14日食道狭窄症のため荏原区の自邸で逝去した。享年64。雅号は米?又米所の別号がある。故久保田米僊の長男として京都に生る。小学校を卒へるや直ちに米国オークランド中学校に学び、4年後帰朝。東京に遷り、はじめ洋画を原田直次郎に学び、後日本画を田崎草雲、橋本雅邦に就て学んだ。其後仏国に留学、滞在すること4年、帰朝後は三越呉服店及松竹興業会社に関係して衣裳考証、舞台装置等に従事し、故実考証に専念してゐた。尚日清戦役には成歓、牙山及威海衛に国民新聞記者として画筆をとつて従軍した事がある。 

出 典:『日本美術年鑑』昭和13年版(126頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2023年09月13日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「久保田満明」『日本美術年鑑』昭和13年版(126頁)
例)「久保田満明 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/8455.html(閲覧日 2024-06-24)
to page top