砂川しげひさ

没年月日:2019/03/06
分野:, (漫)
読み:すながわしげひさ

 漫画家で音楽エッセイストの砂川しげひさは3月6日うっ血性心不全で死去した。享年77。
 1941(昭和16)年10月11日沖縄県那覇市に生まれる。本名砂川恵永。中学、高校時代から新聞へ投稿をしていた。60年兵庫県立尼崎高校卒業。農業関連業界紙の会社を経て、『新大阪新聞』のカットなどを手がけ、「すたみなコイさん」の連載漫画をもつ。64年上京。69年『週刊漫画サンデー』に連載したナンセンス時代物「寄らば斬るド」が好評を博す。軽快な描線とデフォルメによる風刺のきいた内容は新鮮だった。71年同上作と「ジュウベー」「テンプラウエスタン」で第17回文藝春秋漫画賞受賞。「しのび姫」(『小説新潮』1978年から93年)、「おんな武蔵」(『小説現代』1980年から94年)等の長期連載もある。新聞や週刊誌、中間小説誌の誌面の一角に大人の漫画を描き続けた。2007(平成19)年「タマちゃんとチビ丸」で第36回日本漫画家協会賞大賞受賞。クラシック音楽への造詣が深く、ラジオのパーソナリティーをはじめ、「なんたって」や「コテン氏」が頭につくシリーズのエッセイ集を数多く著した。

出 典:『日本美術年鑑』令和2年版(484頁)
登録日:2023年09月13日
更新日:2023年09月13日 (更新履歴)

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「砂川しげひさ」『日本美術年鑑』令和2年版(484頁)
例)「砂川しげひさ 日本美術年鑑所載物故者記事」(東京文化財研究所)https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/2040956.html(閲覧日 2024-07-17)

外部サイトを探す
to page top