奥村厚一

没年月日:1974/06/25
分野:, (日)

 日本画家奥村厚一は、肝臓疾患のため6月25日京大病院で死去した。享年69歳。明治37年7月1日京都市に生れ、昭和3年京都市立絵画専門学校を卒業、同8年研究科を卒えた。この年西村五雲に師事した。戦前は、帝点、新文展等官展をおもな発表の場としたが、戦後はこれを離れ、昭和23年創造美術の結成に参加し、新制作協会々員、創画会々員等新しい傾向の団体に所属し活躍した。帝展でのおもな作品に「山林」(10回)、「深社の河原」(11回)、「松林の秋」(13回)、「松蔭雨日」(15回)等があり、文展では昭和11年改組第1回帝展に「雨後に立つ雲」、同年鑑査展「雪の音」、同12年第1回新文展「落葉の秋」、第2回「月光」、第5回「林道」、等がある。戦後第2回日展出品の「浄晨」で特選となったが、23年日展を脱した。風景画を得意とし、山をテーマにした作品が知られるが、晩年は水墨調の画風を展開した。代表作「浄晨」「黒潮」「大洋」など。昭和35年京都市立美大教授同45年京都市立芸大定年退職。46年嵯峨美術短大教授。49年京都市立芸大名誉教授。

出 典:『日本美術年鑑』昭和49・50年版(258頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「奥村厚一」が含まれます。
to page top