樋口加六

没年月日:1979/08/09
分野:, (洋)

 独立美術協会会員の洋画家、樋口加六は、8月9日0時4分、赤白血病のため東京文京区東大病院で死去した。享年75。樋口加六は1904(明37)年7月2日宮城県宮城郡に生まれ、1923年ころ太平洋美術研究所、ついで川端画学校に学び、林武に師事し1927年青山学院英文科を中退した。1929年第16回二科会回展に「横浜風景」「荻窪風景」が初入選、翌17回展に「横浜風景」が入選した。1931年独立美術協会第1回展から出品、以後、没するまで毎回出品し、1937年第7回展に発表した「庭」「舟」で独立協会賞を受賞し、翌年会友に推挙された。1946年(昭21)独立美術協会会員となり、1962~63年ヨーロッパに滞在、1965年第33回独立展に出品の「風景A」「風景B」でG氏賞を受けた。また、1965年からは毎年国際形象展に招待出品した。

出 典:『日本美術年鑑』昭和55年版(288頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top