安永良徳

没年月日:1970/09/12
分野:, (彫)

 日展評議員の彫刻家安永良徳は、9月12日肺炎のため福岡市の自宅で死去した。享年68歳。明治35年横浜市に生れ、大正8年福岡県立中学修猷館を卒え、昭和2年東京美術学校彫刻科を卒業した。昭和6年構造社会員となり、同11年文展無鑑査となる。昭和16年~22年迄応召を受け、戦後、日展に出品し屢々審査員となる。そのほか、福岡美術協会理事長、福岡ユネスコ協会常務理事などつとめる。主要作「青春乱舞」(九州大学教養部)、「裸婦」(福岡県立文化会館前)「愛と美」(小倉市歯科医大前)

出 典:『日本美術年鑑』昭和46年版(103頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2016年11月29日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「安永良徳」が含まれます。
to page top