丸山不忘

没年月日:1970/10/22
分野:, (工)

 東京芸術大学名誉教授、日展会員の鋳金家丸山不忘は、10月22日狭心症のため東京・新宿区の聖母病院で死去した。享年80歳。本名義男。明治23年米沢市に生れ、大正6年東京美術学校鋳造科を卒業した。同年香川県立高校工芸学校に勤務鋳金科主任となる。大正10年同校を辞め、東京豊島区に鋳金工場を経営した。昭和7年東京美術学校講師となり、昭和21年東京美術学校教授となった。戦前は、高村光雲・高村光太郎の原型による鋳造品全部を鋳造した。また高村豊岡作品の原型と鋳造品の製作にもたずさわった。戦前農商務省工芸美術展、帝展、実在工芸美術展、工芸美術作家協会展等に出品し、戦後は鋳金家協会、日展に出品した。展覧会出品のほか、薬師寺東塔相輪修理、薬師寺日光菩薩修理、法隆寺金堂本尊前大卓製作などがある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和46年版(107頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「丸山不忘」が含まれます。
to page top