長谷川路可

没年月日:1967/07/03
分野:, (日)

 日本画家で、フレスコやモザイクをよくするので知られた長谷川路可は、7月3日脳溢血のためローマ市メルチーデ病院で死去した。享年69才。本名竜三。明治30年神奈川県藤沢市に生れた。暁星中学在学中に洗礼を受け、大正10年東京美術学校日本画科を卒業した。この年渡欧し、渡欧中にベルリン中央アジア探検隊採集の古代フレスコを模写して昭和2年帰国した。その後帝展に出品し戦後は昭和25年イタリアに赴き、ローマ郊外チヴタヴッキァ市の日本聖殉教者聖堂内「日本二十六聖人殉教図」壁画(フレスコ画)を制作し、昭和30年完成した。この聖堂は日本二十六聖人が1862年列聖された際、記念に1864年建立されたもので、祭壇には26聖人の殉教図が描かれていた。しかしこの壁画は、第2次大戦の戦災によって破壊されたので、長谷川路可が新しい資料にもとづいて祭壇の周囲と天井に新らたに描き直したものである。彼はその功によりローマ市の名誉市民となり、又その名も国際的に知られるに至った。昭和39年には東京オリムピック競技場にモザイク壁画「力・美・悠久」の三部作を完成している。昭和42年6月、「日本二十六聖人殉教図」の天井画を描き加え、またイスラエルの教会にも壁画を描く予定だったが7月3日死去した。葬儀は、チヴタヴッキァの教会で行われた。
略年譜
1897(明治30)7月9日神奈川県藤沢市に生れた。
1920(大正9)第2回帝展「ジェロニモ次郎祐信」出品
1921(大正10)東京美術学校日本画科を卒業。「流される信徒」(細川ガラシア夫人)(卒業制作)パリ・アンデパンダン、サロンドートンヌ等に出品、シルバースター賞受賞。後会員となる。フォンテンブロー研究所でボードワン教授にフレスコを学ぶ。ベルリン中央アジア探険隊将来の古代フレスコ画の模写に従事。
1927(昭和2)帰国。
喜多見カトリック教会にフレスコ壁画制作。「教会の復活と聖ミカエル」「殉教者」
1928(昭和3)新興大和絵会に参加。
1930(昭和5)ローマにおける日本美術展覧会に参加し欧州米国を廻って帰国。カトリック美術協会を結成。
1931(昭和6)第12回帝展「湖畔のまどい」出品。
1932(昭和7)第13回帝展「熱国の夜」出品。
1933(昭和8)第14回帝展「生物学研究室におけるT博士像」出品。
1934(昭和9)第15回帝展「艦橋に立つ末次提督」出品
1935(昭和10)名古屋定光寺の納骨堂にフレスコ壁画制作。名古屋徳川美術館、徳川義親邸の建築装飾に従事。(フレスコ壁画)
1940(昭和15)日本大学芸術科、フレスコ専科に勤務。
1949(昭和24)鹿児島市ザビエル記念教会に壁画制作。「少女ベルナデッタに御出現のルルドのマリア」「臨終の聖フランシスコ・ザビエル日本布教の図」(日本画三点)
1950(昭和25)渡欧。ローマにおける世界宗教美術展に参加。「受胎告知」「長崎の切支丹」「細川ガラシア夫人」出品。ローマ法皇ピオ十二世に「切支丹絵巻」(全三巻)を献上。
1951~1954この間チヴタヴッキァ(ローマ市郊外)の日本二十六聖殉教者教会にフレスコ壁画「日本聖殉教」制作。のちローマ名誉
民証を受けた。
1957(昭和32)帰国。武蔵野美術大学に勤務。
1958(昭和33)東京ブリヂストン美術館でフレスコ作品を発表。岩国市庁舎壁画制作(モザイク)
1959(昭和34)熱海、古屋旅館大浴場壁画制作(フレスコ)
1960(昭和35)チヴタヴッキァ壁画制作に対し、第8回菊池寛賞を受領。若い弟子達と「東京フレスコ・モザイク壁画集団(略F・M)」と称するフレスコ・モザイクによる壁画グループを結成。
1961(昭和36)早稲田大学文学部エレベーターホール床(モザイク)
1962(昭和37)船橋ヘルスセンターホテル(フレスコ、床モザイク)
1964(昭和39)東松山カントリークラブ(モザイク〉浜松仏教会館壁画(フレスコ)
国立競技場ロイヤルホール(床モザイクメインスタンド、モザイク)静岡シャンソンビル(フレスコ)
1965(昭和40)日本美術家連盟理事。戯曲「細川ガラシア」に於る衣装考証及び舞台美術監修。
1966(昭和41)長崎日本二十六聖人記念館にザビエル像(フレスコ壁画)制作
1967(昭和42)3月、同館に「長崎への道」(フレスコ壁画)制作。遺作となる。
6月、ローマ法王パウロ六世の招聘により謁見のため渡伊。同時にチヴタヴッキァ日本二十六聖殉教者教会の壁画及びイスラエルに於ける「聖母子」(モザイク壁画)制作に赴き、7月3日ローマに没す。勲四等旭日小綬章を授与され、従五位に叙せられる。

出 典:『日本美術年鑑』昭和43年版(144-145頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「長谷川路可」が含まれます。
to page top