馬場不二

没年月日:1956/10/09
分野:, (日)

 日本美術院同人馬場不二は、10月9日肺臓癌のため国立第二病院に於て逝去した。享年50歳。自宅目黒区。本名和夫、明治39年3月1日香川県高松市で生れた。大正12年香川県立高松工芸学校卒業後、東京美術学校日本画科に学び、昭和3年卒業した。日本画の革新を志し、昭和9年創立の明朗美術連盟に加わり、また歴程美術協会にも一時参加したが、郷倉千靭の門に入つてからは、日本美術院展を目ざして研鑽をつづけた。院展には昭和23年第33回展に「朝顔」が入選し、27年院友、29年第39回展で「梅樹」が日本美術院賞・大観賞となり、無鑑査待遇をうけた。さらに翌年「冠鶴」、31年「松」を出品、いづれも日本美術院賞・大観賞を受賞し、31年、院展開催中に同人に推挙された。また、29年には美術協会展で受賞するなど、近年とみに充実した制作をみせ、清原斉とともに日本美術院の新同人として期待されていたところであつた。
作品略年譜
昭和23年 第33回院展「朝顔」。
昭和24年 第34回院展「朝顔」。
昭和27年 第37回院展「芍薬」。
昭和28年 第38回院展「後庭一隅」佳作・白寿賞。
昭和29年 第39回院展「梅樹」日本美術院賞・大観賞。日本美術協会展「後庭」協会賞。
昭和30年 第40回院展「冠鶴」日本美術院賞・大観賞。
昭和31年 第41回院展「松」日本美術院賞・大観賞。同人に推挙される。

出 典:『日本美術年鑑』昭和32年版(178-179頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top