遠藤新

没年月日:1951/06/29
分野:, (建)

 建築界の権威遠藤新は6月29日心臓病のため東大付属病院で逝去した。享年62歳。明治23年福島県相馬郡に生れ、大正3年東京帝大工科を卒業。大正5年帝国ホテル設計の為来日中のフランク・ロイド・ライトに師事、伴われて同8年渡米、翌年帰国、同11年迄帝国ホテル設計監督中のライトの助手として働いた。同12年建築事務所を開設した。昭和7年渡満、同20年まで内地、満洲の両地で設計及び監督を続けた。同21年帰国、目白ヶ丘教会(25年)の作品を最後として長逝した。主要作品年譜は左記の通りであるが、ホテル、学校、寄宿舎、アパート、クラブ、住宅、事務所、店鋪、病院、教会等広般に亘る作品がある。
大正11年 旧自由学園(東京目白)
大正11年 山邑氏邸(芦屋)
(以上はライトとの共同設計)
大正12年 日比谷アーケード(東京日比谷)
大正12年 旧陶々亭(東京日比谷)
大正12年 東大YMCA(東京本郷)
昭和4年 甲子園ホテル(兵庫県甲子園)
昭和6年 梁瀬自動車ビル(東京日本橋)
昭和7年 横浜女子商業学校
昭和10年 現自由学園女子部(東京都北多摩郡)
昭和11年 現自由学園男子部
昭和11年 満洲中央銀行クラブ(新京)
昭和16年 満洲中央銀行住宅集団(新京)
昭和25年 目白ヶ丘教会(東京目白)
(以上年代判明のもののみ)

出 典:『日本美術年鑑』昭和27年版(136頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「遠藤新」が含まれます。
to page top