杉田禾堂

没年月日:1955/07/29
分野:, (工,鋳金)

 日展参事、全日本工芸美術家協会委員長杉田禾堂は、7月29日逝去した。享年69歳。本名精二。明治19年8月1日長野県松本市に生れ、同45年東京美術学校鋳造科を卒業した。大正8年同校講師となり、昭和3年には商工省工芸指導所嘱託第二部長、同7年大阪府商工技師を歴任、同12年商工省貿易局嘱託として欧米各国に出張した。作家としては官展に出品し、昭和4年帝展特選及び推薦となり、同8年帝展審査員となつて以来、新文展、日展の審査員を屡々勤め、同25年日展参事となつた。同26年全日本工芸美術家協会設立と共に初代委員長に就任し、美術工芸界の長老であつた。

出 典:『日本美術年鑑』昭和31年版(152頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「杉田禾堂」が含まれます。
to page top