桜井悦

没年月日:1989/10/03
分野:, (洋)

 光風会会員、女流画家協会創立委員の桜井悦は、10月3日腎不全のため東京都中野区の中野総合病院で死去した。享年79。明治43(1910)年8月27日、福岡県遠賀郡に生まれ、昭和3年女子美術専門学校に入学、伊原宇三郎に師事し同7年卒業した。卒業後、関西女子美術学校講師となり、この頃、小磯良平の指導を受けた。同10年の第二部会以後官展に出品を続け、同18年第6回新文展に「朝」で特選を受賞した。新文展出品作には「花を持つ少女」(1回)、「舞台横」(4回)などがある。戦後は、同21年女子美術専門学校助教授(同24年女子美術大学助教授)に就任、同年光風会会員に推された。翌22年、女流画家協会創立に参画し、第1回展から出品する。日展、光風会展等の他、同24年には鬼頭鍋三郎らの青季会にメンバーとして参加し制作発表を行った。同30年から翌年にかけ渡欧したが、途中病を得て帰国し、以後ながい闘病生活を強いられながら制作を続けた。日展出品作に「室内」(同24年)、「街角」(同42年)などがあり、同53年には資生堂ギャラリーで個展を開催した。また、新聞小説の挿絵や絵本などにも筆をとった。

出 典:『日本美術年鑑』平成2年版(252-253頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「桜井悦」が含まれます。
to page top