桑原福保

没年月日:1963/07/18
分野:, (洋)

 東光会々員桑原福保は、明治40年山梨県東八代郡に生れた。昭和2年山梨県立師範学校を卒業ののち、昭和8年に上京、熊岡美彦の門下となり油絵を学んだ。翌9年東光会展に初入選以来毎年同展に出品をつづけ、昭和17年には「緑陰」「黄色い傘」「少女像」を出品し東光賞をうけ、翌年会友、さらに昭和22年第13回東光会展で「ぶらんこ」で会員に推された。また、昭和11年、文展に初入選、以来、官展出品をつづけ、戦後は日展に連続入選して、29年岡田賞、31年以後は出品依嘱者となって毎年出品している。33年から35年までアメリカ経由で渡欧留学したが、38年7月18日病没した。享年56才。

出 典:『日本美術年鑑』昭和39年版(134頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top