北蓮蔵

没年月日:1949/12/21
分野:, (洋)

 洋風画家北蓮蔵は、12月21日渋谷区の自宅に於て食道癌のため逝去した。享年74。明治9年岐阜市に生れ、上京して同22年から山本芳翠の生巧館画塾に学び、次で同27年黒田清輝、久米桂一郎の天真道場に入り、更に同30年東京美術学校に入学、翌31年卒業した。夙く白馬会に加わり、同展覧会に「魚売り」(第2回)「遺児」(第4回)等を発表した。彼は山本芳翠の薫陶によつて演劇の背景製作をよくし、同43年から大正3年まで帝国劇場背景主任として活躍した。昭和2年渡欧、各国を巡遊して同5年帰国。官展に於て無鑑査であつた。その代表作に明治神宮絵画館の「岩倉具視公病床行幸図」がある。

出 典:『日本美術年鑑』昭和22~26年版(141頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「北蓮蔵」が含まれます。
to page top