竹田敬方

没年月日:1942/12/04
分野:, (日)

 日本美術協会々員、川端画学校評議員竹田敬方は12月4日逝去した。享年70。明治6年2月7日東京銀座に生る。同20年12月より水野年方について人物画を学び、24年6月川端玉章に師事して山水画を修め、早くから日本青年絵画協会、日本美術協会等に活躍した。34年には文墨協会評議員、42年川端画学校教諭となり、その他明治絵画界にも幹事或は審査員として重きをなしてゐた。主なる作品には次の如きものがある。
 明治24年「源義家過勿来関図」(日本青年絵画協会臨時展)同28年「祭礼図」(第4回内国勧業博覧会)同29年「少女遊劇図」(第1回日本絵画共進会)同44年「田子富士図」及「夕月」(東京勧業博覧会)大正3年「塩原龍化瀑図」(明治絵画会)同6年「雪渓図」(明治絵画会)昭和2年「秋景」墨絵屏風(日本美術協会展)同3年「日光華巌瀑図」「塩原秋景」他3点(独逸に開催せる日本画組合協会絵画展)同11年「海辺富岳」「日光神橋」他5点(翌12年仏印河内に開催せる日本画組合協会展)

出 典:『日本美術年鑑』昭和18年版(82-83頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
to page top