真清水蔵六

没年月日:1936/06/13
分野:, (陶)

 古陶磁研究家として又製作家としてしられてゐる真清水蔵六は昨秋琉球古窯址の調査に赴いて帰洛後健康すぐれず京都市右京区の自宅で療養中であつたが6月13日午前3時逝去した。享年76。翁は幼名寿太郎、18歳の時初代蔵六の裔を継ぎ、京都五条に在つて夙に茶器の名手として知られてゐた。又古陶磁の鑑識にすぐれ、普く日本、支那、朝鮮の諸窯址を踏査して研究し、遺著「泥中庵今昔陶話」の外「寄陶」「古陶録」「泥中閑話」等の著がある。(陶磁8ノ4より)

出 典:『日本美術年鑑』昭和12年版(145頁)
登録日:2014年04月14日
更新日:2015年12月14日 (更新履歴)
『日本美術年鑑』に収録されている以下の記事にも「真清水蔵六」が含まれます。
to page top