Attributes -a way of understanding OUV-

顕著な普遍的価値(Outstanding Universal Value / OUV)の「属性」については、近年世界遺産の保全に関連して求められることの多い遺産影響評価においてその整理が必要となる一方で、国内外でその整理の方法に関して少なからざる混乱が見られます。本書は、世界遺産に関わる各国の専門家にそれぞれの理解についての寄稿を求め、当面の理解の一助とするとともに、さらなる議論を惹起することを目的としたものです。

英語、168ページ

2021年3月刊行

各国の文化財保護法令シリーズ [25] 英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

本書は、イングランドを中心とする英国の文化財保護に関する法令について、その中核をなす法律2種(1990 年計画(登録建造物及び保存地域)法、1979 年古記念物及び考古地域法)、これと関連する枠組文書(国家計画政策の枠組み)を和訳し、さらに英国政府担当者に依頼して英国の文化財保護制度の概説を付して刊行しました。

日本語および英語、1028ページ

2021年3月発行

世界遺産研究協議会 「整備」をどう説明するか(第1部)

本書は、新型コロナウイルス感染症の影響で開催を断念した研究協議会に代わり、2ヵ年で行うプロジェクトとした表題のテーマに関連して、史跡・名勝等と建造物、国内と国際という二つの観点の軸を設定し、4名の専門家に寄稿を依頼するなどして概念及び論点の整理を行って報告書として刊行しました。

日本語、168ページ

2021年3月刊行

東南アジアにおける木造建築遺産の保存修理

本書は、2020(令和2)年 11 月にオンラインで開催した研究会の議事録です。東南アジアで実際に行われている木造建築保存の様々な方法や技術に関する報告及びそれらを日本の木造建築保存の考え方や方法論と比較分析する観点で行った討議の内容を収録しています。

日本語および英語、74ページ

2021年3月刊行

Technical Cooperation Project for the Conservation and Sustainable Development of Ta Nei Temple, Angkor -Progress Report of 2020-

本書は、2020(令和2)年に東京文化財研究所がアンコール・シエムリアプ地域保存整備機構(APSARA)と共同で実施した、カンボジアのタネイ寺院遺跡における保存整備事業に関する報告書です。同遺跡東門の修復における再構築工事の経過、修復及び補強の方法に関する議論の記録等を収録しています。

英語、147ページ

2021年3月刊行

令和2年度⽂化庁委託⽂化遺産国際協⼒拠点交流事業 ブータン王国の歴史的建造物保存活⽤に関する拠点交流事業

3ヶ年で計画した⽂化庁委託⽂化遺産国際協⼒拠点交流事業の2年目の事業成果報告書で、ブータンにおける民家建築等保存に向けた保護行政の能力向上や人材育成を目的としたブータン内務文化省文化局(DoC)との国際協力の成果をまとめたものです。

日本語、53ページ

2021年3月

Lokahteikpan Wall painting Project, Pagoda 1580

本書は、平成 29(2017)年から令和 2(2020)年にミャンマーのバガン遺跡で実施した寺院壁画の保存修復に関する事業報告書です。近年、現地で議論がつづく保存修復材料の経年劣化に伴う問題点への対処法を示すなど、継続性を有する文化遺産保護活動とは何かに着目して行われた活動の成果を報告書としてまとめました。

英語、177ページ

2021年3月刊行

Me-taw-ya Temple Project (No.1205) “Capacity Building; a Conservation Project for the Repair, Strengthening and Recovery of Temple 1205a, Archaeological Area and Monuments of Bagan, Myanmar 2016–2020

本書は、平成 28(2016)年から令和 2(2020)年にミャンマーのバガン遺跡で実施した煉瓦造寺院外壁の保存修復に関する事業報告書です。東京文化財研究所による同国宗教文化省との協力事業に関するこれまでの経緯、事業概要について収録しました。

英語、197ページ

2021年3月刊行

在外日本古美術品保存修復協力事業

本書は、在外日本古美術品保存修復協力事業の基本情報を掲載した報告書です。現地調査、修復作品などのリストを更新しました。

日本語および英語、20ページ

在外日本古美術品保存修復協力事業 檜・八橋図 No.2017-1

本書は、当該事業で行ったインディアナポリス美術館所蔵「檜・八橋図」(屛風、6 曲 1 双)の保存修復報告書です。

日本語および英語、48 ページ

在外日本古美術品保存修復協力事業 林和靖・太公望図 No.2017-2

本書は、当該事業で行ったインディアナポリス美術館所蔵「林和靖・太公望図」(掛軸、2 幅)の保存修復報告書です。

日本語および英語、35ページ

在外日本古美術品保存修復協力事業 煙寺晩鐘図・平沙落雁図 No.2017-3

本書は、当該事業で行ったインディアナポリス美術館所蔵「煙寺晩鐘図・平沙落雁図」(掛軸、2 幅)の保存修復報告書です。

日本語および英語、31ページ

2021年3月刊行

国際研修「紙の保存と修復」2019

本書は、2019年9月9日から27日にかけてICCROMと共催した国際研修「紙の保存と修復」の報告書です。講義、実習、スタディーツアーにおける研修内容に加えて、研修中の質疑応答、参加者に対して行ったアンケート結果なども収録しました。

日本語および英語、192ページ

2021年3月