1892(M25)年8月5日~8月8日

Vous devez trouver bien étrange ma complète dispartion; peut-être auriez-vous cru que je sois disparu de la France? En effet je vous ai une fois raconté mon project de départ; mais j’ai abandonné bientôt, car c’était contre le volonté de mon père, et j’ai trop de regrets de quitter France pour que j(以下消線’y soit entêté à ce projet, je suis dont parti) au lieu de prendre le chemin du Japon.
Je suis venu simplement m’enfermer dans cette île depuis le mois d’août.
Deux lettres de toi que Kouroda m’ont transmises dernièrement, m’apprennent que tu vas quitter Bruxelles pour venir passer quelques mois en France. Cette nouvelle bien grave, bien que je l’attendais quelque peu m’a frappé d’un coup de surprise, mais ce qui devait arriver est arrivé, je ne sais que trop être avis de la décision définitive de ton sort. D’après la lettre, étant arrivée à Grèz hier, tu dois avoir causé à Kouroda…je serai toujours très heureux de te recevoir dans cette Ile solitaire à moins que l’isolement absolu du pays ne t’effraye pas trop. d’ailleurs si tu te décides d’être ermite de Bréhat je penseque kiyoterou voudra bien t’accompagner pour suppléer aux descriptions que Séïki doit t’avoir données je dirai que l’hiver est particulièrement doux; tous les habitants sont assez affables et très intéressants d’écouter raconter leurs vies de marins; comme distraction outre les parties de chasse et de pêche, le jeu favori de Bréatins est le jeu de boules, nous le faisons tous les jours une heure après le déjeuner, aujourd’hui, comme tous les dimanches, nous avons joué toute l’après-midi, ceux qui perdent payent un verrs de “gouttes” à 10h etc etc… Ce qui manque ici, c’est l’absence complète de la figure quelconque féminine, ce qui pour toi est assez facile de te risquer. Voilà à peu près quelle est la vie de Bréhat, maintenant décide toi selon ton idée. Avant tout il faut savoir comment tu veux passer ces quelques mois.

(和訳)
私がすっかり姿を消してしまったことを、あなたは非常に奇妙だと考えていることでしょう。私がフランスからいなくなってしまったと、たぶんそう思っているのではないでしょうか。確かに、私はここを発つ計画について、あなたに話したことがありました。しかしその計画はすぐにとりやめました。というのもそれは私の父の意思に反するからです。それに、フランスを離れるのはあまりに心残りなので、(以下消線 この計画に固執しないことにし、そうしたわけで私は旅発ちました)日本へ向かう代わりに。
私はこの島にただ引きこもるために八月より来ているのです。
黒田が最近渡してくれた君の二通の手紙で知ったのですが、君はブリュッセルを離れ、フランスに来て何ヶ月か過ごすようですね。いくらか望んでいたとはいえ、この重大な知らせを聞いて大変驚きました。しかしそうなるべきだったのです。君が自身の境遇について下した最終的な決断には、私も大いに賛成です。手紙によると昨日グレーに着いたので、黒田とはもう話しているはずです。…
この地域は絶対的に孤立している状態ですから、君がそれにあまりにたじろがないのなら、君をこの人里離れた島に喜んで迎えたいと常に思っています。それに、ブレハの隠者になると決断してくれれば、清輝がすでに話してくれているはずのブレハの様子について、もっと補いたいと清輝は思っているはずです。私が思うに、冬は特に快適です。住人はみな非常に愛想が良く、彼らが語ってくれる海の生活を聞くのは大変興味深いものです。気晴らしについていうと、桃狩りパーティーのほかに、ブレハの人のお気に入りの遊びはボール遊びで、毎日昼食の一時間後にこれに興じています。いつもの日曜日と同じく、今日は午後のあいだずっとこれを遊んでいて、負けた者は十時に「蒸留酒」を一杯おごる、などなど。… ここにないものはというと、何らかの女性像が全くありません。君にとって、あえてこれに手をつけるのはとても簡単なことです。ブレハの生活はだいたいこんな感じです。さあ、君自身で決めてください。君がこの数ヶ月をどう過ごしたいのか、まずはそれを知る必要があります。

引用の際は、クレジットを明記ください。
例)「2021/03/15 久米桂一郎日記データベース」(東京文化財研究所)(日本語訳:齋藤達也) https://www.tobunken.go.jp/materials/kume_nodate_3(閲覧日 2021-06-13)
to page top