昼寝(A Nap)
1894 / カンヴァス・油彩(Oil on canvas) / 49.8 x 61.0 cm
作品コード:KU-a034 図録番号:図録60

《横浜本牧の景》などを描いたあと、黒田は鎌倉の別荘へ移って夏を過ごした。この作品はそのときに描かれたもので、横浜以来、久米、岡田三郎助が時折おとずれ、一緒に写生したりした。草上で午睡する少女に真夏のつよい太陽の光が樹間をとおしておちているさまを生々しい赤と黄の色の細い線で描き出している。黒田が外光派をこえて印象派的色彩をもっとも濃厚にみせたのは、この夏の制作であった。