東京文化財研究所 >「売立目録作品情報」の公開について

「売立目録作品情報」の公開について

戻る

東文研では、2015年から東京美術倶楽部と共同で、売立目録のデジタル化事業をおこない、その成果として、2019年5月から「売立目録デジタルアーカイブ」として資料閲覧室のみで公開してきましたが(https://www.tobunken.go.jp/japanese/uritate.htmlを参照)2021年1月より、その一部のテキストデータ(文字情報)を「東文研 総合検索」上の「売立目録作品情報」(https://www.tobunken.go.jp/archives/文化財関連情報の検索/売立目録作品情報/)というページで、広くウェブサイト上に公開することとなりました。


このデータベースは、東文研が所蔵する2,565件の売立目録のうち、第二次世界大戦終結以前に発行された2,328件に掲載されている約337,000件の作品の情報をテキストデータで公開したもので、原則として写真が掲載された作品の文字情報を選択してデータ化したものです。なお、東文研の資料閲覧室で公開されている「売立目録デジタルアーカイブ」では、誌面のデジタル画像もあわせて公開しています。


2021年1月15日

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所