東京文化財研究所 >資料閲覧室再開のお知らせと来室者へのお願い

資料閲覧室再開のお知らせと来室者へのお願い

戻る

東京文化財研究所資料閲覧室は、新型コロナウイルス感染防止のため2月28日(金)から臨時休室としておりましたが、首都圏を対象とした国の緊急事態宣言が解除されたことから、6月10日(水)より段階的にサービスを再開いたします。
感染予防への対策を徹底するため、これまでの資料閲覧室の開室日・開室時間・利用方法を変更しております。詳しくは、以下をご確認ください。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


【開室日】 令和2年6月10日(水)から 水曜日・金曜日のみ(月曜は当面休室)
【開室時間】 10:30~16:00(入室・資料の出納は、午前は11:30まで、午後は15:30まで)
【入室者数制限】 同時入室最大6名
【資料出納冊数制限】 20点/日


・資料閲覧室の利用は当面のあいだ事前予約制といたします。利用予約枠は(1)10:30~13:00と(2)13:00〜16:00の2部制といたします。
・予約は、予約フォーム( https://www.tobunken.go.jp/materials/library-room-booking)または下記お問い合わせ先の電話で受け付けます。予約フォームから予約状況も確認できます。
・売立目録データベースの端末は2台のみです。売立目録データベースの利用が目的で来室される方は、閲覧室予約とは別に、予約フォームから売立目録予約をお願いします。
・ご予約後、急用などで来室できなくなった場合は、必ず下記お問合せ先にご連絡下さい。


◆来室者へのお願い
・来室は、資料閲覧室所蔵資料を調査研究目的で利用する方に限ります。
・来所前に健康状態の確認と検温をお願いします。
・発熱や息苦しさ、強いだるさ、咳・咽頭痛などの症状等の症状がある方、新型コロナウィルスに感染の疑いのある方は、来室をご遠慮ください。
・庁舎受付では検温を実施しております。37.5度以上の発熱が確認された場合、入室をお断りいたします。
・来室前の手洗い、資料閲覧室内でのマスク着用を含む咳エチケットの実施をお願いします。マスクを着用されていない場合、入室をお断りいたします。
・資料閲覧室ご利用の間は、入室時にお渡しするニトリル手袋を着用してください。(ニトリルアレルギーの方は予約時にご相談ください。)
・資料閲覧室内には、アルコール消毒液、除菌ティッシュなどの衛生用品を用意しておりますので、適宜ご利用下さい。ただし、資料に消毒液をつけたり、アルコールで拭くなどの行為は、資料を損傷する恐れがありますのでご遠慮下さい。
・来室時には、従来の受付に加えて、日中連絡がつく電話番号等のご記入をお願いします。ご記入いただいた情報は、当室の利用者および当研究所で新型コロナウィルス感染者が確認された場合の緊急連絡に用いるほか、保健所等の行政機関に提供することがありますので、ご了承ください。個人情報は、当室において厳重に保管、一定期間経過後に破棄いたします。上記の目的以外には使用しません。
・資料閲覧室内設置の共用の鉛筆は撤去いたしましたので、来室者ご自身で持参ください。
・資料閲覧室内では、他の利用者との間隔を2メートル以上確保してください。
・資料閲覧室内では、会話をお控えいただき、また高齢者や持病のある来室者への配慮ある行動をお願いします。
・コロナウイルス感染拡大防止のため、通常より少ない職員での対応となっており、請求資料の出納に時間を要するなど一部サービスが低下しますが、ご理解ください。
・今後の状況によっては上記の開室日時を変更する可能性があります。来室の際は必ずウェブサイトにて最新情報をご確認ください。


お問合せ先
東京文化財研究所 資料閲覧室 電話番号: 03-3823-4878 メール: library@tobunken.go.jp
受付時間: 水曜・金曜(祝日は除く) 10時30分~16時00分

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所