東京文化財研究所 > キッズページ

パズル 初級 東京文化財研究所って何?

前のページへもどる

パズル 東京文化財研究所とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ って何?
 東京文化財研究所、略して「東文研とうぶんけん」は、文化財の研究をする施設しせつです。昭和5年6月28日に、東京文化財研究所の前身ぜんしんである美術研究所がつくられました。日本と世界の文化財について、いろいろな方法で研究をしたり、調査をしたり、保護活動をしています。現在の建物は、平成12年5月11日に完成しました。東京の上野駅から徒歩15分、東京国立博物館の隣にあります。この建物では、研究活動のほか、文化財に関係する 講演会こうえんかい や、保存修復のための研修会けんしゅうかいが行われています。

 東京文化財研究所のシンボルマークは、 東京藝術大学とうきょうげいじゅつだいがく蓮見智幸はすみ ともゆき 先生がデザインしました。「文化財研究の中心地としての東京文化財研究所」を表していて、一本の線で「人」という文字と「東京(TOKYO)のT」とを重ね合わせて、文化財を未来の人々に伝える様子を立体的に表現しています。
symbol imagesymbol image
パズル

パズルの遊び方
シャッフルボタンを押すと、写真がバラバラになります。
あいているスペースの上下左右のピースだけが動かせます。
動かしたいピースの上でクリックすると、ピースがスライドします。
ピースを移動させて、写真を完成してください。
ゲームの途中で完成図ボタンを押すと、完成図が確認できます。
もう一度完成図ボタンを押すと、ゲームが再開されます。
数字表示ボタンをクリックすると、数字が消えます。

©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所