東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

山藤正敏 YAMAFUJI Masatoshi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2015年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)ケン・ブルン遺跡の表面遺物採集調査の成果 『キルギス共和国チュー川流域の文化遺産の保
 護と研究 アク・ベシム遺跡、ケン・ブルン遺跡―2011~2014年度―』 pp.66-73 キルギス共和国
 国立科学アカデミー歴史文化遺産研究所、東京文化財研究所 16.2
(4 編集)『フルブック遺跡出土壁画断片の保存修復』 東京文化財研究所、タジキスタン共和国国立古
 代博物館 16.2
(4 編集)『キルギス共和国チュー川流域の文化遺産の保護と研究 アク・ベシム遺跡、ケン・ブルン遺
 跡―2011~2014年度―』 キルギス共和国国立科学アカデミー歴史文化遺産研究所、東京文化財研究
 所 16.2
(4 編集)『紛争と文化遺産―紛争下・紛争後の文化遺産保護と復興―』 東京文化財研究所 16.3
(6 講義)“Basic Concept and Method of Archaeological Survey” UNESCO Workshop on Archaeological
 Survey in Uzgen, the Kyrgyz Republic, 2015 Uzgen Archaeological Site 15.10.2
(6 講義)“Global Navigation Satelite System” UNESCO Workshop on Archaeological Survey in Uzgen,
 the Kyrgyz Republic, 2015 Uzgen Archaeological Site 15.10.3
(6 講義)“Geographic Information System on Site” UNESCO Workshop on Archaeological Survey in
 Uzgen, the Kyrgyz Republic, 2015 Uzgen Archaeological Site 15.10.7
(6 司会)読書会「Bruno Latour 科学論の実在―パンドラの希望― 第2・3章」(石村智、山藤正敏) 
 共同研究「考古学の民族誌―考古学的知識の多用な形成・利用・変成過程の研究」 国立民族学博物館
 15.10.18
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本西アジア考古学会、The American Schools of Oriental Research
2014年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)『ヨルダン南部ショウバック北地域における考古学踏査成果報告書(2010〜2013年)』(山藤正敏、
 藤井純夫、足立拓朗) 203p 金沢大学国際文化資源学研究センター 15.3
(3 論文)ペトラ近傍のローマ時代―ヨルダン南部ショウバック北地域における考古学踏査―『第21回 
 ヘレニズム~イスラーム考古学研究』 pp.1-9 ヘレニズム〜イスラーム考古学研究会 14.12
(4 編集)Conservation and Scientific Research of the Archaeological Metal Objects at the History Museum
 of Armenia 2011-2015 (Kazuya YAMAUCHI, Natsuko KUGIYA, Naomi HEMUKI, Akira FUJISAWA,
 Makoto ARIMURA and Eriko SUZUKI) 326p 東京文化財研究所 15.3
(5 学会発表)銅生産拠点後背地の土地利用:ヨルダン南部ショウバック北地域の前期青銅器文化 日本
 オリエント学会第56回大会 上智大学 14.10.25-26
(5 学会発表)Homogenizing Socio-Economy with Production Deviation: Burnishing Technology of
 Early Bronze Age Pottery in Southern Levant, The American Schools of Oriental Research 2014
 Annual Meeting, The Westin San Diego 14.11.19-22
(5 学会発表)Behind the Major Picture: A New Archaeological Survey in the Northern Shawbak Region,
 Southern Jordan, 2010-2013 Seasons (Poster Session), The American Schools of Oriental Research
 2014 Annual Meeting, The Westin San Diego 14.11.19-22
(6 発表)ペトラ近傍のローマ時代―ヨルダン南部ショウバック北地域における考古学踏査― 第21回ヘレニズム~
 イスラーム考古学研究会 金沢大学 14.7.5-6
(7 所属学会)The American Schools of Oriental Research、日本オリエント学会、日本西アジア考古学会
 (企画委員)、早稲田大学史学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所