東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

山田大樹 YAMADA Hiroki

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)Investigation on the Transformation of Townscape:
 Case Study of the Townscape along Nyala Dan Street
 (Hiroki Yamada, Naoaki Furukawa) Project for
 Investigation of Damage Situation of Cultural Heritage
 in Nepal, Survey of Historic Settlement  pp.35-62 TNRICP16.6
(2 報告)Conjecture on the Factors Affecting the Damage
 Level of Buildings, Based on Investigation on the
 Transformation of the Townscape(Hiroki Yamada, Naoaki
 Furukawa) Project for Investigation of Damage Situation
 of Cultural Heritage in Nepal, Survey of Historic Settlemen
 pp.89-98 TNRICP 16.6
(2 報告)イランの建築と文化(山田大樹、山内和也) 『平成27年度 武庫川女子大学 トルコ文化研究セン
 ター 研究会 講演録』 pp.5-30 武庫川女子大学 トルコ文化研究センター 17.2
(2 報告)ネパール国における文化遺産保存修復協力 『アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成28 年度成
 果報告書』 pp.72-112 東京文化財研究所 17.3
(3 論文)ネパール・カトマンズ盆地の歴史的集落コカナの町並み変容とその要因 ~ Nyala Dan 通り沿いに
 おけるケーススタディ~(山田大樹、古川尚彬) 『日本建築学会2016年度大会学術講演梗概集』都市計画 
 pp.1009-1010 日本建築学会 16.8
(3 論文)The transformation of the traditional building units
 and lots of the historical town of Khokana in Kathmandu
 valley from 1934 until immediately after the 2015 Nepal
 Gorkha earthquake : Case study along Nyala Dan street
 (Hiroki Yamada, Naoaki Furukawa) ISAIA2016 pp.1883-1888 ISAIA 16.9
(4 編集)(友田正彦、山田大樹)『ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業 歴史的建造物の構造に関する
 調査報告書』 110p 東京文化財研究所 16.10
(4 編集)(Masahiko Tomoda, Hiroki Yamada)Project for
 Investigation of Damage Situation of Cultural Heritage
 in Nepal, Structural Survey of Historic Buildings, 110p TNRICP 16.10
(4 編集)(友田正彦、山田大樹)『平成28年度 文化庁委託文化遺産国際協力拠点交流事業「ネパールの被災文
 化遺産保護に関する技術的支援事業」報告書』 80p 東京文化財研究所 17.3
(4 翻訳)第一章 イラクにおける文化遺産保護(二〇〇三年以前)―長期的な考察―(ローレンス•ロスフィー
 ルド) 『掠奪されたメソポタミア』 pp.27-53 NHK出版 16.6
(5 学会発表)ネパール•カトマンズ盆地の歴史的集落コカナの町並み変容とその要因 ~ Nyala Dan 通り沿いに
 おけるケーススタディ~(山田大樹、古川尚彬) 日本建築学会2016年度大会 福岡大学 16.9.4
(5 学会発表)The transformation of the traditional building
 units and lots of the historical town of Khokana in
 Kathmandu valley from 1934 until immediately after the
 2015 Nepal Gorkha earthquake : Case study along Nyala
 Dan street(Hiroki Yamada, Naoaki Furukawa) ISAIA2016 東北大学 16.9.26
(6 発表)Overview of the project and result Presentation
 meeting on "The Project for Investigation of Damage
 Situation of Cultural Heritage in Nepal" The office of
 Department of Archaeology, Nepal 16.5.3
(6 講演)Transformation of the Townscape of Khokana
 Presentation meeting on the Reconstruction and
 Rehabilitation of Historical settlement of Khokana
 Monastery hall in Khokana 16.9.5
(6 講演)Current Issues on the Historic Urban Landscape
 The Conference on the Historic Urban Landscape Tabriz, Iran 17.1.7
(6 講義)エスファハーンにおける世界遺産の現状と課題 中世建築研究会 東京大学 16.11.5
(6 講義)Background of the Historic Townscape in Japan
 On-site Training Program in Japan, on the Preservation
 and Management of the Historic Settlements/Districts 金沢大学 17.3.6
(6 講義)Discussion for our next activities On-site Training
 Program in Japan, on the Preservation and Management
 of the Historic Settlements/Districts 東京文化財研究所 17.3.11
(6 司会)The Conference on the preservation of Historic
 Settlements in Kathmandu Valley Local Development
 Training Academy in Lalitpur 16.11.30
(7 所属学会)日本イコモス国内委員会、日本建築学会、日本都市計画学会
2015年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)『イラン文化財の現地調査および関係機関との文化遺産保護に関する意見交換の報告書』 
 142p 東京文化財研究所 15.8
(2 報告)Research Report on the Safeguarding of Iranian Cultural Heritage 82p National Reseach Institute
 for Cultural Properties, Tokyo 15.9
(2 報告)事業概要 『文化庁委託事業平成27年度文化遺産保護国際貢献事業「ネパールにおける文化遺
 産被災状況調査事業」報告書』 pp.1-10 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)町並み変容調査 〜Nyala Dan通り沿いにおけるケーススタディ〜(山田大樹、古川尚彬) 『文
 化庁委託事業平成27年度文化遺産保護国際貢献事業「ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業」歴
 史的集落に関する調査』 pp.33-59 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)町並み変容調査からの住宅の損傷・倒壊要因の推察(山田大樹、古川尚彬) 『文化庁委託事業
 平成27年度文化遺産保護国際貢献事業「ネパールにおける文化遺産被災状況調査事業」歴史的集落に関
 する調査』 pp.85-93 東京文化財研究所 16.3
(3 論文)イランおよび中央アジアにおける歴史都市景観保護のための基礎的研究(1)―歴史都市ヤズ
 ドの景観保護政策と課題― 『2015 年度日本建築学会 大会学術講演梗概集』F-1 pp.405-406 日本建
 築学会 15.9
(4 編集)(山内和也、山田大樹他) 『バーミヤーン東大仏「足」状工作物構築と再建に関する資料集』 
 469p 東京文化財研究所 15.7
(5 学会発表)イランおよび中央アジアにおける歴史都市景観保護のための基礎的研究(1)―歴史都市
 ヤズドの景観保護政策と課題― 2015年度 日本建築学会大会 東海大学 15.9.4
(6 発表)平成26年度協力相手国調査報告(マレーシア)(泉田英雄、山形眞理子、山田大樹) 第27回
 東南アジア・南アジア分科会 東京国立博物館 15.6.8
(6 発表)Preservation as the Sustainable Historic District The 8th International Policy Forum on Urban Growth
 and Conservation in Euro-Asian Corridor Tehran-Hamadan Conference 2015 Hamadan University Iran 15.9.30
(6 講演)イランの建築と文化(山田大樹、山内和也) 2015年度トルコ文化研究センター 研究会 武庫
 川女子大学 15.6.4
(6 講演)イランのヴァナキュラー建築 2015年度トルコ文化研究センター 研究会 武庫川女子大学 
 15.6.4
(6 講義)世界の文化遺産と街並み 2015 石見銀山三日籠り 湯迫温泉 15.9.11
(6 講義)伝統的な町並みを残していくために 2015 石見銀山三日籠り 石見あすみ館 15.9.12
(6 講義)Learning SfM UNESCO Workshop on Archaeological Survey in Uzgen, the Kyrgyz Republic, 2015 
 Uzgen City Hall 15.10.8
(6 講義)Management Plan UNESCO Workshop on Archaeological Survey in Uzgen, the Kyrgyz Republic,
 2015 Uzgen City Hall 15.10.9
(7 所属学会)ICOMOS、日本建築学会、日本都市計画学会
(8 教育)早稲田大学都市・地域研究所招聘研究員
2014年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)Statements on Bamiyan Buddha Statue Reconstruction: Concerning the construction of
  “foot-like” structures and the future reconstruction of the Eastern Buddha statue( FUTAGAMI Yoko,
 INABA Nobuko, KUME Shogo, KOUNO Toshiyuki, MAEDA Kousaku, MORIMOTO Susumu, NISHIKAWA
 Koji, NISHIMURA Yukio, OKADA Yasuyoshi, TANIGUCHI Yoko, TORIUMI Hidemi, YAMADA Hiroki,
 YAMAUCHI Kazuya, YANO Kazuyuki) 30 April, Expert Meeting, Tokyo 14.6
(2 報告)『文化遺産国際協力コンソーシアム平成26年度協力相手国調査 マレーシア調査報告書』(井内千紗、
 泉田英雄、山形眞理子、松山直子、山田大樹) 40p 文化遺産国際協力コンソーシアム 15.3
(3 論文)世界遺産におけるマネジメントプランに関する研究(1)~イタリアの世界遺産におけるマネ
 ジメントプランの概況~ 『大会学術講演梗概集2014(都市計画)』 pp.349-350 日本建築学会 14.9
(3 論文)多国籍・多分野の専門家・研究者を集めて行う持続可能な地域開発分野の専門家育成手法
 『日本建築学会建築技術報告集』46 pp.1137-1140 日本建築学会 14.10
(4 編集)Indo-Japanese Research for the Conservation of Ajanta Paintings: Conservation and
 Scientific Investigation of the Paintings of Ajanta Caves 2 and 9( 2009〜2011)( Kazuya Yamauchi,
 Tamaki Suzuki, Yoshiko Shimadzu, K.S. Rana, V. Chandrapandian, R. S. Trambake, D. A. Gupta,
 A. S. Patil, Masayuki Hinoue, S. Bogin, Akemi Sugihara, Makiko Watanabe, Tomoko Uno)
 Indo-Japanese Joint Project for the Conservation of Cultural Heritage Series 4, 197p, National
 Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 15.3
(6 発表)今回建設された「足」状構造物の詳細 研究会「バーミヤーン東大仏の「足」と「部分的再建」を
  考える」 東京文化財研究所 14.4.30
(6 発表)見学者の安全確保に対する提案 研究会「バーミヤーン東大仏の「足」と「部分的再建」を考える」 
 東京文化財研究所 14.4.30
(6 講義)The System of Preservation Districts for Groups of Traditional Buildings, 7th Training
 Workshop for the Protection of Cultural Heritage in Central Asia: Training Workshop on Site
 Management and Museum Exhibition, NRICPT 14.7.5
(6 講義)Revitalization Plan after Great East-Japan Earthquake 2011, University of Isfahan 15.1.18
(7 所属学会)ICOMOS、日本建築学会、日本都市計画学会
(8 教育)早稲田大学都市・地域研究所招聘研究員
2013年度 (アソシエイトフェロー)
(4 編集)インド-日本文化遺産保護共同事業報告 第4巻 『アジャンター壁画の保存修復に関する調査
 研究-第2窟、第9窟壁画の保存修復と自然科学調査(2009~2011年)-』 東京文化財研究所・
 インド考古局 14.3
(4 編集)インド-日本文化遺産保護共同事業報告第4巻(資料編)『アジャンター第2窟壁画の彩色材
 料分析』 東京文化財研究所・インド考古局 14.3
(5 学会発表)Education methods in the professional training for sustainable regional development
 -In the case of International Master Eco-polis in Italy-(Hiroki Yamada) 国際都市シンポジウム「Resilient
 and Sustainable City」 東北大学 13.8.23
(7 所属学会)日本建築学会、都市計画学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所