東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

島津美子 SHIMADZU Yoshiko

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2013年度 (特別研究員)
(2 報告)インド-日本文化遺産保護共同事業報告 第4巻 『アジャンター壁画の保存修復に関する調査研究-
 第2窟、第9窟壁画の保存修復と自然科学調査(2009~2011年)-』 東京文化財研究所・インド考古局
 14.3.31
(2 報告)アジャンター石窟第2窟における壁画の保存状態と保存修復のための調査(島津美子、鈴木環、樋上将之、
 ステファニー・ボガン、杉原朱美、山内和也) 『保存科学』53 pp.151-164 14.3
(2 報告)タジキスタン国立古代博物館が所蔵するフルブック都城址出土壁画断片の保存修復(杉原朱美、藤澤明、
 島津美子、増田久美、山内和也) 『保存科学』53 pp.135-150 14.3
(5 学会発表)アジャンター仏教寺院遺跡・第2窟壁画におけるワニスクリーニングの試み(島津美子、鈴木環、
 樋上将之、杉原朱美、ステファニー・ボガン、山内和也) 文化財保存修復学会第35回大会 東北大学百周年
 記念会館川内萩ホール 13.7.20
(5 学会発表)タジキスタン国立古代博物館におけるフルブック遺跡出土壁画断片の保存修復―壁画断片群の状態と
 安定化のための処置―(杉原朱美、島津美子、山内和也、増田久美、松岡秋子、渡抜由季) 
 文化財保存修復学会第35回大会 東北大学百周年記念会館川内萩ホール 13.7.20
2012年度 (特別研究員)
(2 報告)中央アジア地域にみられる壁画の技法材料について―自然科学的調査の理論および実践の諸相
 について― 「色彩の領域横断シンポジウム」 大阪大谷大学 13.3
(2 報告)K. Yamauchi and K.S. Rana eds., Indo-Japanese Project for the Conservation of Ajanta
 Paintings ‒Digital Documentation of the Paintings of Ajanta Caves 2 and 9, Indo-Japanese Joint
 Project for the Conservation of Cultural Heritage, Series 3, Archaeological Survey of India, National
 Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 13.2
(5 学会発表)古代青色ビーズに対するX線分析(北原圭祐、沼子千弥、島津美子、竹村モモ子、谷口陽
 子) 第7回バイオミネラリゼーションワークショップ 東京大学 12.12.1
(6 講演)19世紀油彩画を対象とした有機分析の事例 筑波大学西アジア文明研究センター主催「彩色文
 化遺産の有機物質の分析に関するシンポジウム」 東京文化財研究所 13.1.7
(6 講義)保存修復材料学 JICA大エジプト博物館保存修復センタープロジェクト 東京文化財研究所 12.9.3-12
(7 所属学会)文化財保存修復学会、International Council of Museums-Committee for Conservation
 (ICOM-CC)、International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works (IIC)
2011年度 (特別研究員)
(2 報告)中央アジア文化遺産保護報告書第10巻 日本タジキスタン文化遺産共同研究第8巻『タジキ
 スタン国立古代博物館所蔵壁画断片の保存修復 2010年度(第8次~第10次ミッション)』 東京文化財研究所
 11.9
(5 学会発表)アジャンター遺跡における環境調査―観光客の出入りに伴う石窟内の温湿度環境の変化
 ―(宇野朋子、島津美子) 文化財保存修復学会第33回大会 奈良市奈良県新公会堂 11.6.4-5
(5 学会発表)タジキスタン国立古代博物館におけるソグド壁画の保存修復―マウント処置の検討と改
 良―(渡抜由季、島津美子、増田久美、松岡秋子、藤澤明) 文化財保存修復学会第33回大会
 奈良市奈良県新公会堂 11.6.4-5
(5 学会発表)Conservation of the Sogdian wall painting fragments in the collection of the
 National Museum of Antiquities of Tajikistan: a new approach to the conservation and
 mounting of historically detached earthen wall painting fragments (Akiko MATSUOKA,
 Yoshiko SHIMADZU, Emilie CHECROUN, Stephanie BOGIN, Antonio IACCARINO IDELSON,
 Kumi MASUDA, Akiko NISHIMURA), ICOM-CC 16th Triennial Conference, Lisbon, 11.9.19-23
(6 講演)中央アジア地域にみられる壁画の技法材料について―自然科学的調査の理論および実践の諸
 相について― 色彩の領域横断シンポジウム 大阪大谷大学 11.12.3
(6 発表)アジャンター壁画の保存修復に関する調査研究事業(島津美子、鈴木環) アジャンター遺跡
 の保存修復にむけた専門家会議2011 東京文化財研究所 11.7.27
(7 所属学会)文化財保存修復学会、International Council of Museums-Committee for Conservation
 (ICOM-CC)、International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works(IIC)
2010年度 (特別研究員)
(2 報告書)山内和也編集(日本タジキスタン文化遺産共同調査第3巻)『タジキスタン国立古代博物館
 所蔵壁画断片の保存修復 2009年度(第5次~第7次ミッション)』(島津美子、影山悦子、邊牟木尚美、
 松岡秋子、宇野朋子、増田久美、エミリー・シェクルン、ステファニー・ボガン) 東京文化財研究所、
 タジキスタン共和国科学アカデミー歴史・考古・民族研究所 10.9
(2 報告書)山内和也、K.S.ラナ編集(インド―日本文化遺産保護共同事業報告第2巻)『アジャンター
 第2窟、第9窟壁画 ドキュメンテーションと状態調査』(島津美子、鈴木環、上原永子、大橋拓子、佐々
 木淑美、田川新一郎、檜山智美、福山泰子、V.S.ラガヴェンドラ・ラオ、R.S.トランバケ、S.ワーグ、K.マ
 ニヴァナン、A.S.パティル、H.S.チョウダリ、N.E.マハジャン) 東京文化財研究所、インド考古局 10.7
(2 報告書)K.S. Rana and Kazuya Yamauchi eds., (Indo-Japanese Joint Project for the
 Conservation of Cultural Heritage, Series 1) ”Indo―Japanese Project for the Conservation of
 Ajanta Paintings, 2008” (V.S. Raghavendra Rao, Kazuya Yamauchi, Yoshiko Shimadzu,Tamaki
 Suzuki, Tomoko Uno, Yoko Taniguchi, Yasuko Fukuyama, Shinoko Oba and Hidemi Otake),
 Archaeological Survey of India, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 10.12
(3 論文)壁画断片とマウントの接着方法と接着強度の検討(藤澤明、島津美子、佐藤由季、松岡秋子)
 『保存科学』50 pp.73-82 11.3
(5 学会発表)アジャンター遺跡における環境調査(宇野朋子、島津美子) 文化財保存修復学会第32回
 大会 長良川国際会議場 10.6.12-13
(5 学会発表)タジキスタン国立古代博物館におけるソグド壁画の保存修復2―壁画断片群のマウント
 と展示までの処置―(松岡秋子、島津美子、増田久美) 文化財保存修復学会第32回大会 長良川国際
 会議場 10.6.12-13
(7 所属学会)文化財保存修復学会、International Council of Museums-Committee for Conservation
 (ICOM-CC)、The International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works (IIC)
2009年度 (特別研究員)
(2 報告書共著)インド―日本文化遺産保護共同事業報告第1巻『アジャンター壁画の保存修復に関す
 る調査研究事業―2008年度(第1次ミッション)』 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所、
 インド考古局 10.3
(3 論文)タジキスタン国立古代博物館が所蔵するソグディアナ出土壁画の保存修復(松岡秋子、島津
 美子、邊牟木尚美、影山悦子、山内和也) 『保存科学』49 pp.265-274 10.3
(5 学会発表)タジキスタン国立古物博物館が所蔵する壁画片の彩色材料について 文化財保存修復学
 会第31回大会 倉敷市芸文館 09.6.13-14
(5 学会発表)タジキスタン国立古物博物館が所蔵するソグド壁画の保存修復(島津美子、松岡秋子、
 邊牟木尚美、増田久美) 文化財保存修復学会第31回大会 倉敷市芸文館 09.6.13-14
(7 所属学会) 文化財保存修復学会、International Council of Museums-Committee for
 Conservation( ICOM-CC)、International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works(IIC)
2008年度 (特別研究員)
(5 学会発表)The effects of lead and zinc white saponification on surface appearance of paint
 (Y. Shimadzu, K. Keune, J. J. Boon, J. H. Townsend, and K. J. van den Berg), 15th Triennial
 Meeting of the ICOM Committee for Conservation, New Delhi, India, 08.09.22-26.
(6 研究会発表)ソグド壁画の彩色材料:タジキスタン国立古物博物館の資料から International Workshop on
 History of Color in Asia, アジアの彩色材料の歴史を文化財に残る具体的な資料の分析を通して探る
 古典籍デジタルアーカイブ研究センター 2008年度研究集会 龍谷大学 09.03.19
(7 所属学会) 文化財保存修復学会、International Council of Museums-Committee for Conservation
 (ICOM-CC)、International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works (IIC)
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所