東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

佐藤桂 SATO Katsura

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2016年度 (アソシエイトフェロー)
(2 報告)プレア-ヴィヘア寺院の概略と研究史 Outline of Character and HIstory of Previous Studies of Preah Vihear
(石塚充雄、佐藤桂、萩原周)Research Report of Preah Vihear, Collaboration Project between National Authority
 for Preah Vihear, Meijo University and Waseda University pp.19-31 17.3
(5 学会発表)アンコール・タネイ遺跡における SfM 三次元写真測量の試み 日本建築学会大会学術講演会
 (九州) 福岡大学 16.8.26
(5 学会発表)Cultural heritage value of the Minang houses at Padang in West Sumatra Province, Indonesia
(Katsura SATO, Masahiko TOMODA) 11th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA)
 東北大学 16.9.22
(7 所属学会)ICOMOS、東南アジア考古学会、日本建築学会、建築史学会、文化財建造物保存修理研究会
2015年度 (アソシエイトフェロー)

(2 報告)Bab I Garis Besar Riset Riset Integrasi Berlandaskan Rekonstruksi Warisan Budaya Kawasan
 Padang Lama di Padang, Sumatera Barat , pp.1-7 National Research Institute for Cultural Properties,
 Tokyo 15.8
(2 報告)Berbagai Aspek Pemukiman Minang yang Mengalami Perubahan Laporan ‘Workshop mengenai
 Rehabilitasi Kawasan Padang Lama di Provinsi Sumatera Barat’, pp.136-138 National Research Institute
 for Cultural Properties, Tokyo 16.3
(2 報告)第1章 研究概要、第2章 カンボジアにおける文化遺産保存修復協力、第4章 研究会「東
 南アジアの遺跡保存をめぐる技術的課題と展望」 『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成27
 年度成果報告書』 pp.7-8、11-18、53-72 東京文化財研究所 16.3
(2 報告)第1章 事業の概要、第2章 建造物分野 『ミャンマーにおける文化遺産保護に関する拠点
 交流事業報告書』 pp.11-26、29-68 東京文化財研究所 16.3
(3 論文)山を降りた聖域 7世紀から10世紀におけるクメール都市の展開 『東南アジア古代史の複合
 的研究 2013~2015年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書』 pp.51-56 16.3
(4 編集)Riset Integrasi Berlandaskan Rekonstruksi Warisan Budaya Kawasan Padang Lama di Padang,
 Sumatera Barat , National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 15.8
(4 編集)Laporan ‘Workshop mengenai Rehabilitasi Kawasan Padang Lama di Provinsi Sumatera Barat ’
 National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo 16.3
(4 編集)『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成27年度成果報告書』 東京文化財研究所 16.3
(4 編集)『東南アジアの遺跡保存をめぐる技術的課題と展望 Technical Issues and Prospects on the
 Preservation of Historical Sites in Southeast Asia』 東京文化財研究所 16.3
(4 編集)『ミャンマーにおける文化遺産保護に関する拠点交流事業報告書』 東京文化財研究所 16.3
(4 翻訳)東南アジアの遺跡保存をめぐる技術的課題と展望 Technical Issues and Prospects on the
 Preservation of Historical Sites in Southeast Asia 東京文化財研究所 16.3
(4 資料紹介)3. 建築・美術班 1. クメール 『東南アジア古代史の複合的研究 2013〜2015年度科学
 研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書』 pp.202-203 16.3
(5 学会発表)ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存に関する研究 その5 班築職人への聞き
 取り調査(佐藤桂、友田正彦、江面嗣人、青木孝義、冨永善晋、宮本慎宏) 日本建築学会大会学術講
 演会 東海大学 15.9.4
(5 学会発表)インドネシア・パダン旧市街地における地震前後の環境以降に関する考察 2009年西スマ
 トラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その8 (マハラジャン・アキララル、脇田祥尚、竹内泰、
 友田正彦、佐藤桂、張漢賢、後藤沙紀、中尾謙太) 日本建築学会大会学術講演会 東海大学 15.9.4
(5 学会発表)インドネシア・パダン旧市街地における歴史的町並み復興に関する課題 2009年西スマト
 ラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その9 (竹内泰、脇田祥尚、友田正彦、佐藤桂、張漢賢、
 後藤沙紀) 日本建築学会大会学術講演会 東海大学 15.9.4
(6 発表)3D Documentation at Ta Nei temple 24th Technical Committee of the International Coordinating
 Committee for the Safeguarding and Development of Angkor (ICC-Angkor) APSARA National
 Authority, Siem Reap 15.6.5
(6 講演)過去を知る・未来へつなぐ カンボジア・ブータン・ミャンマーでの文化遺産保存活動を通
 じて 金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター第11回文化資源学セミナー「女性が
 きりひらくアジア文化資源の未来」 石川四高記念文化交流館 15.6.28
(6 講義)「日本」を超えて 海外の文化財を護る仕事 平成27年度同窓生による特別授業 金沢大学人
 間社会学域学校教育学類附属高等学校 15.12.19
(6 司会)研究会「東南アジアの遺跡保存をめぐる技術的課題と展望」 東京文化財研究所 15.11.13
(7 所属学会)東南アジア考古学会、ICOMOS、日本建築学会、建築史学会、文化財建造物保存修理研
 究会

2014年度 (アソシエイトフェロー)

(1 共著)「タ・ネイ遺跡に見られる建造途中の改変について」 『世界建築史論集 中川武先生退任記念論文集

 (西アジア・西洋・南アジア・カンボジア・ベトナム編)』 中央公論美術出版 pp.147-154 15.3
(2 報告)Cooperation project for the conservation of cultural heritage at Ta Nei temple in Angkor
 (National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo) 23rd Technical Session of ICC-Angkor, 
 ICC-Angkor 14.6
(2 報告)History of Previous Studies of Preah Vihear(Mitsumasa ISHIZUKA, Katsura SATO, Shu
 OGIHARA) Preliminary Report on the Ancient Khmer Provincial Principal Monuments - Preah
 Vihear- pp.17-21 Collaborative Project Team between National Authority for Preah Vihear and
 Meijo University and Waseda University 14.12
(2 報告)A trial 3D photogrammetry at Ta Nei temple(National Research Institute for Cultural Properties,
 Tokyo, APSARA National Authority) 21st Plenary Session of ICC-Angkor pp.141-144 ICC-Angkor 14.12
(2 報告) Project Overview, Architectural Study Report Study on the Conservation of Rammed Earth
 Buildings in the Kingdom of Bhutan, National Research Institute for Cultural Properties,
 Tokyo/Department of Culture, Ministry of Home and Culture, Government of Bhutan 15.3
(2 報告)研究の概要 『西スマトラ州パダン歴史地区における文化遺産復興に関する総合的研究』 
 pp.1-7 東京文化財研究所 15.3
(2 報告)事業概要、工法班調査(友田正彦、佐藤桂) 『ブータン王国の版築造建造物保存に関する調査研究』 
 pp.10-86 東京文化財研究所、ブータン王国内務文化省文化局 15.3
(2 報告)カンボジアにおける文化遺産保存修復協力、ミャンマーにおける文化遺産保存修復協力(友田正彦、
 佐藤桂) 『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力』 東京文化財研究所 15.3
(4 編集)(友田正彦、佐藤桂) 『 ミャンマーの木造建築文化 Traditional Wooden Buildings in Myanmar』
 東京文化財研究所 15.3
(4 編集)『 ブータン王国の版築建造物保存に関する調査研究』 東京文化財研究所、ブータン王国
 内務文化省文化局 15.3
(4 編集) Study on the Conservation of Rammed Earth Buildings in the Kingdom of Bhutan, National
 Research Institute for Cultural Properties, Tokyo/Department of Culture, Ministry of Home and Culture,
 Government of Bhutan 15.3
(5 学会発表)アンコール・タネイ遺跡の伽藍配置に見られる特徴について(2)(佐藤桂、朴東熙)  
 2014年度日本建築学会大会学術講演会(建築歴史・意匠) 神戸大学 14.9.12
(5 学会発表)ブータン王国における民家等の伝統的建造物保存修復に関する研究 その4 パガ・ラカン寺院
 版築壁体の材料実験結果と構造解析(鳥澤麻衣子、青木孝義、宮本慎宏、冨永善啓、江面嗣人、友田正彦、
 佐藤桂) 2014年度日本建築学会大会学術講演会(建築歴史・意匠) 神戸大学 14.9.12
(5 学会発表)インドネシア・パダン旧市街地の歴史的町並みと生活実態に関する考察 2009年西スマトラ地震後の
 パダンにおける歴史的町並み復興 その7 (木戸口実央、脇田祥尚、中尾謙太、竹内泰、相澤啓太、友田正彦、
 後藤沙紀、佐藤桂) 2014年度日本建築学会大会学術講演会(都市計画) 神戸大学 14.9.13
(5 学会発表) インドネシア・パダン歴史地区における住宅内温熱環境と生活の実態調査(上田裕基、安福勝、
 脇田詳尚、竹内泰、友田正彦、佐藤桂、中尾謙太、相沢啓太、後藤沙紀、木戸口実央) 
 2014年度日本建築学会大会学術講演会 神戸大学 14.9.14
(6 司会)ミャンマーの木造建築文化 東京文化財研究所 15.2.13
(7 所属学会等)東南アジア考古学会、日本建築学会、建築史学会、文化財建造物保存修理研究会

2013年度 (アソシエイトフェロー)
(1 公刊図書)『コー・ケーとベン・メアレア アンコール広域拠点遺跡群の建築学的研究』中央公論美術出版
 14.3
(2 報告)ユネスコ日本信託基金事業「タンロン・ハノイ文化遺産群の保存」成果報告書 東京文化財研究所/
 タンロン・ハノイ遺産保存センター 13.12
(2 報告)Architectural Drawings of the Buildings from French Colonial Period in the World Heritage Site
 "Central Sector of the Imperial Citadel of Thang Long-Hanoi" by UNESCO / Japanese Funds-in-Trust
 Project "Preservation of the National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo and Cultural
 Heritage Complex of Thang Long-Hanoi" National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo
 and Thang Long-Hanoi Heritage Conservation Centre 13.12
(2 報告)『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成25年度成果報告書』 東京文化財研究所 
 pp.7-20, 51-61 14.3
(2 報告)『Study on the Biodeteriotion of Stone Monuments in Angkor–Results of the Joint Research
 Project at Ta Nei temple』東京文化財研究所/APSARA機構 pp.95-96 14.3
(3 論文)プレア・ヴィヘア寺院山頂伽藍の寸法計画 クメール建築の造営尺度と設計技術に関する研究(7)
 (溝口明則、中川武、下田一太、佐藤桂、石塚充雅)『日本建築学会計画系論文集』vol.79,No.697
 pp.817-825 14.3
(5 学会発表)アンコール・タネイ遺跡の伽藍配置に見られる特徴について(佐藤桂、石塚充雅、朴東熙)
 『日本建築学会大会学術講演梗概集』 13.9
(5 学会発表)プレア・ヴィヘア寺院の山頂伽藍計画について(溝口明則、中川武、下田一太、佐藤桂、
 石塚充雅) 『日本建築学会大会学術講演梗概集』 13.9
(5 学会発表)ブータン王国における民家等の伝統的建築物保存修復関す研究その3 版築の工法について
 (江面嗣人、友田正彦、青木孝義、富永善啓、宮本慎宏、境野飛鳥、佐藤桂) 『日本建築学会大会
 学術講演梗概集』 13.9
(6 発表)古代クメール建築史(7-10世紀)の編年について 東南アジア古代史科研 第2回研究会合 上智大学
 13.7
(6 発表)東南アジア建築史編年の指標について 東南アジア古代史科研 第4回研究会合 東京文化財研究所
 14.3
(7 所属学会)日本建築学会、建築史学会、東南アジア考古学会
2012年度 (特別研究員)
(2 報告)『東南アジア諸国等文化遺産保存修復協力 平成24年度成果報告書』 pp.11-14、34-39
 東京文化財研究所 13.3
(2 報告)『ミャンマーの文化遺産保護に関する技術的調査報告書』 pp.14-20、30-31、37-40
 東京文化財研究所 13.3
(2 報告)『パダン歴史地区文化遺産復興支援報告書:2011-2012調査成果』 pp.63-69 東京文化財研究所
 13.3
(3 論文)A Reconsideration of the Construction Period of the Cruciform Terraces and the Elevated
 Causeway in the Angkor Monuments, Based on the Magnetic Susceptibility of the
 Sandstone Blocks (Uchida, E., Sato, K., Cunin, O. and Toyouchi, K.,) Archaeometry (2012), doi:
 10.1111/j., pp.1475-4754, 12.7
(4 解説)純粋な研究と仕事として行う研究の違いとは OB・OG座談会 『早稲田理工PLUS 2013』 pp.69-72
 13.3
(5 学会発表)パダン旧市街地における歴史的建造物の生活空間 2009年西スマトラ地震後のパダンに
 おける歴史的町並み復興 その4(脇田祥尚、友田正彦、佐藤桂、竹内泰他) 『日本建築学会大会学術
 講演梗概集』F-1分冊 p.567 12.9
(5 学会発表)インドネシア・パダン歴史地区における町家建築形式の相対編年について(佐藤桂、友
 田正彦、竹内泰、脇田祥尚) 『日本建築学会大会学術講演梗概集』F-2分冊 p.487 12.9
(5 学会発表)インドネシア・パダン旧市街地における歴史的建造物の詳細実測調査 2009 年西スマト
 ラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その5(本馬奈緒、友田正彦、佐藤桂、脇田祥尚、竹内
 泰他) 『日本建築学会大会学術講演梗概集』F-1分冊 p.569 12.9
(5 学会発表)インドネシア・パダン旧市街地における2009 年震災以降の町並み変化 2009 年西スマ
 トラ地震後のパダンにおける歴史的町並み復興 その6(千葉大生、友田正彦、佐藤桂、脇田祥尚、竹
 内泰他) 『日本建築学会大会学術講演梗概集』F-1分冊 p.571 12.9
(5 学会発表)プレア・ヴィヘア寺院の増改築の痕跡について(蜂須賀瞬、佐藤桂、チュン メンホン、
 中川武) 『日本建築学会大会学術講演梗概集』F-2分冊 p.481 12.9
(5 学会発表)Architectural styles of Padang’s historical shophouses in West Sumatra, Indonesia
 (Sato K, Tomoda, M., Takeuchi, Y. and Wakita Y.), The International Symposium on Architectural
 Interchanges in Asia, Korea, 12.10
(5 学会発表)アンリ・パルマンチエ『クメール古典美術』の再読 その4「第4章 プレア・ヴィヒア」
 日本建築学会関東支部研究発表会 建築会館 13.3.7
(7 所属学会)日本建築学会、建築史学会、東南アジア考古学会
2011年度 (特別研究員)
(2 報告)中川武、溝口明則監修『コー・ケーとベン・メアレア クメール帝国東地区の二大遺跡群』 
 pp.11-16、29-31、39-69、147-149、及び遺構台帳 11.3(前年度業績)
(2 報告)「カンボジア、コー・ケーの岩盤彫刻群「アン・クナ」に関する研究」 『高梨学術奨励基金年報』
 pp.304-311 11.11
(2 報告)『パダン歴史地区文化遺産復興支援報告書』 東京文化財研究所 12.3
(3 論文)カンボジア、コー・ケー遺跡群の水利都市構造 『アジアの建築風土と日本の貢献 アジアを
 学ぶ・アジアから学ぶ』 pp.49-54 日本建築学会建築歴史・意匠委員会 11.8
(3 論文)「べン・メアレア寺院の伽藍寸法計画に関する推定考察 クメール建築の造営尺度と設計技術に関する
 研究(6)」(溝口明則、中川武、佐藤桂、下田一太、百瀬純哉) 『日本建築学会計画系論文集』 77-671,
 pp.157-164 12.1
(4 解説)「クメール山岳寺院の基礎資料作成」 『早稲田産学連携レビュー2011』 p.72 日経BP社 11.7
(5 学会発表)ベン・メアレア寺院の伽藍計画について(溝口明則、中川武、下田一太、佐藤桂、百瀬純哉)
 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)ベン・メアレアの繋ぎ梁に関する研究(2-3)カンボジア ベン・メアレア遺跡群に関する
 研究(2)(荒川千晶、中川武、溝口明則、下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学
 11.8.25
(5 学会発表)コー・ケーの岩盤彫刻群「アン・クナ」について カンボジア コー・ケー遺跡群に関する研究 (6)
 (佐藤桂、中川武、溝口明則、下田一太) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)アンドン・プレンにおける基礎調査 カンボジア コー・ケー遺跡群に関する研究(7)
 (MENGHONG CHHUM、中川武、溝口明則、下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会
 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)チャウ・スレイ・ビボールにみる配置計画に関する一考察(石塚充雅、中川武、溝口明則、
 下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)アンコールからコンポンズヴァイのプレア・カーンに至る王道沿いに分布する宿駅寺院
 (島田麻里子、中川武、溝口明則、下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)ベン・メアレア寺院経蔵の復原考察 建築形式に関する考察(原智子、中川武、溝口明則、
 下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(5 学会発表)ベン・メアレア寺院経蔵の復原考察 寸法計画に関する考察(中川武、原智子、溝口明則、
 下田一太、佐藤桂) 2011年度日本建築学会大会 早稲田大学 11.8.25
(7 所属学会)日本建築学会、建築史学会、東南アジア考古学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所