東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

野川美穂子 NOGAWA Mihoko

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2003年度 (芸能部)
(2 報告書)『基盤研究(C)(2)古楽器の形態と音色に関する総合研究』報告書 東京文化財研究所 04.3
(2 報告)奥組について、七つ子 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター編『日本伝統音楽資料集成3
 邦楽歌詞研究Ⅲ 三味線組歌 中組、奥組』 pp.82-90 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター 04.3
(3 論文)母音の響きを生かして―地歌の声の世界 『21世紀の音楽入門』3 pp.76-83 03.10
(3 論文)鎌倉時代に制作された横笛―仏像胎内に納入された三例を中心に―(高桑いづみ、野川美穂子)
 『芸能の科学』31 pp.1-24 04.3
(3 論文)お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士論文『地歌における曲種の生成』 お茶の水女子大学 04.3
(4 解説)箏組歌と夕顔―《扇の曲》をめぐって 『山田流筝曲協会会報』26 03.5
(4 解説)江戸期に出版された地歌・筝曲の歌本の挿絵から 曲目解説 『邦楽鑑賞会 三曲・長唄』 国立劇場 04.1.23
(5 学会発表)鞆の浦安国寺蔵阿弥陀三尊像の胎内納入竜笛について(野川美穂子、高桑いづみ)
 東洋音楽学会第54回大会 エリザベト音楽大学 03.10.26
(5 学会発表)地歌における曲種の生成 東洋音楽学会第10回東日本支部例会 お茶の水女子大学 04.1.24
(6 発表)三味線組歌とはやり歌 東京文化財研究所・芸能史研究会合同公開学術講座 早稲田大学大隈講堂 03.12.6
(6 発表)三味線組歌《七つ子》 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター共同研究会 京都市立大学 03.12.22
(6 講演)箏組歌《雲井曲》について 山田流筝曲協会歌詞講座 弘済会館 03.4.14
(6 講演)箏組歌《宮の鶯》について 山田流筝曲協会歌詞講座 弘済会館 03.7.28
(6 講演)箏組歌《飛燕曲》について 山田流筝曲協会歌詞講座 弘済会館 03.11.17
(6 講演)箏組歌《雲上》について 山田流筝曲協会歌詞講座 弘済会館 04.3.8
(7 所属学会)東洋音楽学会、日本音楽学会、楽劇学会
(7 委員会)文化庁芸術祭音楽部門審査員、文化庁新進芸術家海外留学・国内研究制度音楽分野選考委員
 岐阜県大野郡白川村教育委員会民謡・民俗芸能調査員
(8 教育)東京芸術大学非常勤講師、武蔵野音楽大学非常勤講師、東海大学非常勤講師
2002年度 (芸能部)
(2)(報告書)『日本伝統音楽資料集成2 邦楽歌詞研究Ⅱ 三味線組歌 破手組、裏組』
 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター 03.3
(3)(論文)地歌・箏曲と語り物の接点 時田アリソン、薦田治子編『日本の語り物―口頭性・構造・意義―』
 pp.213-230 国際日本文化研究センター 02.10
(3)(論文)和琴の形態と変遷 第25回国際研究集会報告書『日本の楽器―新しい楽器学へ向けて―』 pp.32-47
 東京文化財研究所 03.3
(4)(書評)千葉潤之介著「作曲家」宮城道雄 伝統と革新のはざまで」 『東洋音楽研究』67 pp.141-143 02.8
(4)(解説)箏組歌「菜蕗組」に詠み込まれた音楽 『山田流箏曲協会会報』25 02.5
(4)(解説)インタビュー:川瀬白秋「胡弓への熱き思い」 『紀尾井だより』35 02.9
(4)(解説)曲目解説「山登松和の会」 紀尾井小ホール 02.11
(4)(解説)曲目解説「邦楽鑑賞会」 国立劇場 03.1
(4)(事典解説)Theory and Notation in Japan, Ziuta: Chamber Music for Syamisen, Chamber Music for
 Sankyoku Ensembles, The Garland Encyclopedia of Wrld Music,Vol.7, pp.565-584, 691-693, 715-717,
 Routledge, 02.10
(4)(解説)『和楽器の魅力』(解説書下巻) 『日本の伝統芸能と和楽器』DVD教材解説書 pp.12-31
  NHKソフトウェア 03.3
(6)(発表)三味線組歌《錦木》京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター共同研究会 02.4.29、5.19、12.15
(6)(発表)図像資料に見る三曲合奏 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センタープロジェクト研究会
 京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター 03.1.11
(6)(講演)箏組歌について 山田流箏曲協会歌詞講座 02.4.1、6.24、9.30、12.16
(6)(講演)地歌・箏曲―合奏の魅力をめぐって― 早稲田大学エクステンション講座 02.5.11、10.26、11.2
(6)(講演)亀山香能Talk & Live タベルナ 02.12.20
(7)(所属学会)東洋音楽学会、日本音楽学会、楽劇学会
(7)(委員会)文化庁舞台芸術国際フェスティバル実行委員、文化庁新進芸術家海外留学・国内研究制度音楽分野
 選考委員、岐阜県大野郡白川村教育委員会民謡・民俗芸能調査員
(8)(教育)東京芸術大学、武蔵野音楽大学、放送大学
2001年度 (芸能部)
(2 報告書)地歌・箏曲研究史 日本音楽研究の成立と展開(平成11~13年度文部科学省科学研究費基盤研究
 B―報告書、研究代表者・上参郷祐康、課題番号11410013) 02.3
(2 共同報告)三味線組歌表組研究 『日本伝統音楽研究資料集成』1 京都市立芸術大学
 日本伝統音楽研究センター 02.3
(3 論文)東北大学狩野文庫蔵本『箏曲示例』をめぐって 『芸能の科学』29 02.3
(4 解説)箏の名手・小督と笛の名手・仲国―《小督の曲》― 『山田流箏曲協会会報』24 01.5
(4 解説)空白の洋楽史 雄弁な「空白の時代」―宮城道雄と新日本音楽 『レコード芸術』50-6 pp.345-347 01.6
(4 論評)「山田流箏曲の歌本について―『吾嬬箏譜』を中心として―」について 『日本音楽史研究』3
 pp.157-159 01.6
(4 解説)地歌・箏曲関連項目 音楽中辞典 音楽之友社 02.3
(5 発表)和琴の形態とその変遷 東京文化財研究所第25回国際シンポジウム 01.11.14
(5 発表)三味線組歌《錦木》 京都市立芸大日本伝統音楽研究センター共同研究会 02.1.6
(6 講演)箏組歌《菜蕗》について 山田流箏曲協会 01.12.3
(6 講演)胡弓の音楽 国際交流基金海外派遣「胡弓を中心とした日本音楽レクチャーコンサート 国際交流基金
 02.3.2
(7 所属学会)東洋音楽学会(理事)、日本音楽学会、楽劇学会
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所