東京文化財研究所 > 組織別職員一覧 > 個人の研究業績 50音順

西山伸一 NISHIYAMA Shin’ichi

戻る
 凡例
 (1 公刊図書等)(2 報告書)(3 論文)(4 解説、翻訳等)(5 学会発表)(6 講演会、研究会発表)
 (7 所属学会、委員等)(8 教育等)
2006年度 (特別研究員)
(2 報告)Preliminary Report on the Orontes Delta Survey, Turkey (with H. Pamir), Mustafa Kemal
 University, Hatay, 06.9
(2 報告)Preliminary Report on the Archaeological Survey in the Bolaghi Valley and its Vicinity (with
 Mohsen Zeidi and Kazuya Yamauchi), Iranian Centre for Archaeological Research and University of
 Tsukuba, 07.3
(2 報告)テル・マストゥーマ遺跡の文化層の放射性炭素年代測定(科学研究費基盤研究(B)(2)「シリアに
 おける都市文明の展開に関する考古学的研究」「海外学術調査」報告書 研究代表者 脇田重雄) 古代オリ
 エント博物館 07.3
(4 編集)『バーミヤーン遺跡保存事業概報―2005 年度(第4・5次ミッション)―』(アフガニスタン文化
 遺産調査資料集 概報第1 巻) 東京文化財研究所 07.3
(4 編集)Preliminary Report on the Preservation of the Bamiyan site 2005-4th and 5th Missions-
 (Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan, Preliminary Report Series, 1), Ministry of Information
 and Culture, Islamic Republic of Afghanistan, and Japan Center for International Cooperation in
 Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 07.3
(5 学会発表)水場と信仰―アフガニスタン、カーブル周辺の踏査:2006 年の調査―(山内和也、西山伸一)
 日本オリエント学会第48 回大会 早稲田大学 06.10
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本西アジア考古学会(企画担当役員)、
 British Association for Near Eastern Archaeology
2005年度 (特別研究員)
(2 報告)Report on the Orontes Delta Archaeological Project 2005, Turkey (with H. Pamir), Mustafa Kemal
 University, Hatay, Turkey, 05.10.
(2 報告)バーミヤーンの地理的背景(西山伸一、岩井俊平) 『世界遺産バーミヤーン遺跡を守る―総括的なマネ
 ージメントプランの策定に関する基本的問題2004―』 pp.21-24 東京文化財研究所 05.11
(2 報告)West Asia and Caucasus, Corpus of Mural Paintings along the Silk Road: The 29th International
 Symposium on the Conservation and Restoration of Cultural Property. Mural Painting of the Silk Road:
 Cultural Exchange between East and West, Colloquium(第29回文化財の保存および修復に関する国際
 研究集会 「シルクロードの壁画が語る東西文化交流」コロキウム シルクロード沿いの壁画資料集), pp.1~78,
 National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 06.1.
(2 報告)北西シリア鉄器時代の村落生活:テル・マストゥーマ2005 年現地整理調査から 『第13 回西アジア発
 掘調査報告会報告集』 pp. 103-108 西アジア考古学会 06.3
(3 論文)Animals in the Iron Age and Persian Period: Preliminary Report of Faunal Remains from Tell
 Mastuma 『古代オリエント博物館紀要』25 pp. 87-117 06.3
(4 編集)Corpus of Mural Paintings along the Silk Road: The 29th International Symposium on the
 Conservation and Restoration of Cultural Property. Mural Painting of the Silk Road: Cultural Exchange
 between East and West, Colloquium(第29 回文化財の保存および修復に関する国際研究集会「シルクロードの
 壁画が語る東西文化交流」コロキウム シルクロード沿いの壁画資料集), National Research Institute for Cultural
 Properties, Tokyo, 06.1.
(7 所属学会)日本オリエント学会、西アジア考古学会、British Association for Near Eastern Archaeology
2004年度 (特別研究員)
(2 報告)Geographical Background of the Bamiyan (Shin’ichi Nishiyama and Shumpei Iwai), Protecting the
 World Heritage Site of Bamiyan, pp.11-15, Japan Center for International Cooperation in
 Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, 04.12.
(2 報告)INSTAP report on the Orontes Delta Survey, Turkey (with H. Pamir), Mustafa Kemal University,
 Hatay, 04.10.
(7 所属学会)日本オリエント学会、日本西アジア考古学会、British Association for Near Eastern Archaeology
(8 教育)早稲田大学第二文学部非常勤講師
2003年度 (国際文化財保存修復協力センター)
(3 論文)Orontes Delta survey: archaeological investigation of ancient trade stations/settlements
 (H. Pamir), Ancient East  and West, vol. 1, issue 2, pp. 294-314, 03.3. (前年度業績)
(7 所属学会)日本オリエント学会、British Association of Near Eastern Archaeology
©独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所